OculusQuest2で世界中の街角へ!【Wander】VR体験レビュー!

「VRで、世界中の路上へ行ける!!」

旅好きにはたまらないVRアプリ【Wander】!

体験してみたのでレビューします!メニューの使い方も、ざっくりまとめました!

OculusQuest2で世界中の街角へ!【Wander】VR体験レビュー!

OculusQuest2で世界中の街角へ!【Wander】VR体験レビュー!

VRアプリ【Wander】体験レビュー!

前に紹介したアプリ【Google Earth VR】は、セレクトされた名所の上を飛び回る感じでした。

【Wander】は、それに近いアプリですが…

違いは、360°のGoogleストリートビューに特化している感じ。

なので「世界中の路上を、どこでも見てまわれる!」って感じなのです!

僕はひとまず実家を見てみました。これ、オススメです。

ぜひ実家、360°で見てみてください!

かなり田舎の、山奥にある実家でも、しっかりと360°でありました。

「360°の実家やんけ!」

味わったことのない笑いがこみ上げてきて、吹きました。

他にも、旅しに行った外国の街角などを見に行くのも楽しいです。

「あ!ここヒッチハイクしたとこ!」

「そうそう、ここでぼったくられたんだよな」

など、旅した時の気分になれます。

使ってて思ったんですが…

これってある種、“どこでもドア”じゃないかっ!

VRアプリ【Wander】の使い方

【Wander】をはじめると、世界のどこかが目の前に現れます。
(「Facebookアバターを設定して下さい」となったら適当に設定しましょう)

【Wander】メニューの使い方

【Wander】メニューの使い方

メニューボタンを、左から説明します。

  • Map:今いる場所の地図
  • Favorites:お気に入りに登録した場所
  • Collections:世界中の名所
  • Nearby:今いる場所から近いスポット
  • Timeline:今いる場所の、違う年代を表示する
  • Voice Search:音声入力で場所を検索
  • Back:戻る
  • Random:ランダムでどこかに飛ばされる
  • Multiplayer:他の人と話しながら使う
  • Setting:設定
  • Home:アプリ内の自宅へ

コントローラは感覚的に使えばOKです。

Mapは、ズームしたりして使いましょう。

Timelineは、昔の写真がある場所を見ると面白いです。

これは2020年の渋谷。

【Wander】使い方2

そしてこれが、2009年の渋谷!

【Wander】使い方3

ヒカリエが無くて東急!時代を感じますね。

Voice Searchは、英語の発音が良くないとイマイチ使えません。

Random。これはオススメ!勝手にどこかへ飛ばされます。

空いた時間なんかに、ゴーグルをかぶってRandomでどこかへ飛ばされれば…

一瞬で異国へ旅しに来た感じになる。いいですねーこの機能。

Homeは、アプリ内に用意された自宅です。

【Wander】使い方4

世界地図から、その国へ飛ぶこともできます。
(行った場所は色がつきます)

【Wander】使い方5

【Wander】の使い方は、こんな感じです!

VRアプリ【Wander】からイメージできる未来

Timelineを使ってて思ったのですが…

現実世界のデータを記録しておけば、いつでもそれが引き出せるわけですよね。

最近のiPhoneなら「LiDARスキャナ」で周囲を3Dマップにしたりできます。

こういった技術が進めば、全世界のすべてをリアルタイムで記録してくことができるわけで。

現実世界に起きるすべてを、データにできる。

そうなったら。犯罪対策や、時間旅行など…どんどんSFで見たような世界へなっていくわけですね。

【Wander】で遊んだら、そういった未来像までイメージできました。

VRアプリ【Wander】は、Oculus Quest2などで使える

【Wander】は、Oclulus GoとOculus Quest(2)で遊べます。

価格は590円です。

残念ながら、Oculus Rift(S)やSteamなどでは販売していません。


以上、【Wander】VR体験レビュー!をお伝えしました!

世界中へ行けるだけでなく、未来もイメージできるアプリ。オススメです!

他、バーチャルなアプリについてはコチラにまとめています↓
>>>【バーチャルで遊ぼう!】決定版!VR・ARを楽しもう!《ゲーム・アニメ・映像・音楽・アプリ》

最新情報をチェックしよう!