バーチャルな副業で、まずは自力で1円を稼ごう!


この記事でわかること

  • 黒歴史から、自力で稼ぐ方へ向かう実例
  • なぜ自力で稼ぐことが大事か
  • 副業ってよく聞くけど、バーチャルな副業って何?

精神バランスを崩した過去と、はじめて自力で稼いだ話

突然ですが、僕は精神バランスを崩したことがあります。会社に勤めをしていた時のことです。

忙しい時とヒマな時の差がはげしい部署にいました。忙しい時は家に帰れないこともしばしば。

あまりにも寝れなくて、身体がSOSを発したのでしょう。

ある日、通勤の電車内にて、恐怖心で胸がいっぱいになりました。中刷り広告すら悪意のカタマリに見えてきて、電車に乗っていられなくなったのです。

次の駅で、すぐに降り、心臓が落ちつくのを待ちました。

「これはマズイ、会社に殺される」と思いました。

こういった経験をしている方は、今の世の中にたくさんいることと思います。

そこから数か月後に、会社を辞めました。が、生きてかなければいけません。

何をやって生きてくべきか。

頭の回転が早いほうでもないので、普通に仕事をしていたら他の人ほどこなせない。

じゃあ自分の好きなことは何か、考えました。

僕は、音楽を聴くことや、人の作り出した楽しいもの、美しいものを見ることが好きです。
それをああでもない、こうでもない、と考えることも好きです。

会社へ行きつつ、やっていたことがありました。文章を書くことです。

生きながら考えてきたことを、旅の物語にした文章でした。

それを本にして、自力で売り歩くことにしました。

カバーの絵も頑張って描いた

今思うと「そんな誰が書いたかもわからん文字だけの本、売れるわけねーだろ!」と思います。笑

売り方は、ミもフタもない、アナログな飛び込み営業。

そんなこと、やったことがないので。
いっちばんはじめはめちゃくちゃ勇気がいりました。足がふるえてました。

「いや、でもここで行かないと僕は死ぬ」と心を奮い立たせ、飛び込みました。
けっこう人生崖っぷちだったのでしょう。

今でもはっきり覚えています、はじめて飛び込んだのは不動産会社でした。なぜ不動産屋に、謎の本を売ろうとするのか。笑

不動産のおじさんに、「イヤなんかよくわからないから、いいや」と断られましたが…まぁ当然ですよね。

それからも街へ出て、建物に片っ端から入ってゆき、「こういう本作ってるんですけど、いりませんか?」っていう。迷惑な押し売りですね…。

2日目に、はじめて買ってくれる人がいました。ホットサンドみたいな軽食を作っているおばさんでした。とうぜん、菩薩に見えました。

生きててもいい居場所を与えてもらったような感覚でした。はじめて自作のモノを買ってもらったこの時を、僕は一生忘れません。

それから「おおっ!今日なんかめっちゃ買ってもらえるな!」って日もあれば、「今日ぜんぜんダメだ」って日もあり。

家からだんだん遠い場所へ売りにゆくにつれ、「買ってもらった分が交通費で消える!」ということになり。続けられなくなりましたが。

必死に歩き回っていた、良い思い出です。

その後も「自分のできることをやって稼ごう」という方向は変わらず。
いろんなことして生きてます。

曲作ってCDにして売ったり。

絵本作ってママさんたちに買ってもらったり。

キャッチコピー考えてお金もらったり。

祭りやイベントでギター弾き語りしたり。

絵の依頼もらって、漁協のTシャツデザインしたり。

地方CMのチョイ役で呼んでもらってギャラもらったり。

小学校の校歌を作った、なんてこともありました!今でも子供たちに歌われています!

やったことをあげてみましたが、自分でも何者なのかよくわかりません。

できることなら何でもやる、何でも屋みたいな。

安定はしてませんし、大変なことはいろいろありますが。いろんなことにチャレンジできる人生になっているので、面白いです。

それもこれも、「自力で稼ぐ」をやろうとした。これが大きかったと思います。

なぜ自力で稼ぐことが大事か

3点、あげてみます。

生き甲斐

会社に行って、仕事に自分の表現をみつけられるならいいのですが。

言われたことをこなすだけの仕事は、奴隷と同じです。

「何のために生きているのかわからなくなる」というやつです。

いくら給料が出るといっても。
自分の人生をコントロールできない環境にい続けることは、本人にとっていいはずありません。

別にいきなり会社をやめる必要はありませんが、いろんな道があるなら。
可能性は試してみるべきです。

いろんなことに関心が向き、知識がふえる

自力で稼ごうとすると、いろんなことを学ぶ必要が出てきます。
それは学校のようなつまらない勉強ではありません。
すべて自分に返ってくる、楽しい勉強です。

こうなると、世の中のさまざまなことへ関心をもつことになり、知ることがどんどん増えます。

僕は中学の頃に、期末テスト学年最下位をとったこともある落ちこぼれです。が。

自力で稼ごうとするようになってからは、勉強の楽しさに気づきました。

人間の行いや、世の中の動向、さまざまなことへ好奇心を持つことになり、おかげでそこまでバカだと思われることも少なくなりました。笑

収入が増える

学生がバイトで時給1000円稼ぐのと、

学生が自力で1円の収益を上げるの。

どっちがすごいことか。後者だとすぐにわかる人は、すぐに副業をはじめた方がいいです。

バイトの学生は、せいぜい頑張っても時給1500円に上がるくらいでしょう。それはそれですごいですが。

1円の収益を上げた学生は、その後いくらになるのか。可能性が底知れません。

今の教育は、「労働して、その賃金をもらう」ための勉強を教えています。

「自分で収益を上げる」ということは、自分で学ばなければなりません。

うまくいくかはわかりませんが、やってみる自由は、誰にでもあります。

副業で稼いで、収入が今の何倍にもなったら。あなたは何がしたいですか?

僕は、芸術や哲学など。人間文化の研究に没頭できる環境が欲しいです。

あと切実な話、実家の家のローンが残っているので、親の肩代わりしてあげたいです。笑

副業ってよく聞くけど、バーチャルな副業って何?

今は誰もが副業をやる時代だ!といった話はよく耳にします。

副業の種類

副業といえば思いつくのは、以下のようなものです。

  • せどり
  • ハンドメイドなどの物販
  • ブログ
  • Youtube
  • 生配信
  • ライティング
  • プログラミング
  • 動画編集
  • 投資

etc…まだまだあります。ネットで検索すればいっぱい出てきます。

簡単にできるのは、メルカリなどで物を売る。
これはけっこうやったことある方が多いんじゃないでしょうか。

自作で何か作ってる方は、物販のウェブサービスを使って販売などもしていることと思います。

バーチャルな副業

そんな中。ここで勝手に言ってる「バーチャルな副業」って何なのか。

これから一般的になる、VR・AR関連やVtuberなど。バーチャルな分野で稼ぐ副業です。

主に、以下のものです。

  • Vtuber配信
  • ゲーム配信
  • 3Dモデリング、アバター販売
  • UNITYでゲーム制作
  • バーチャルワールド製作
  • バーチャル空間での制作物販売
  • バーチャル関連ブログ、ウェブサイト運営
  • バーチャル関連のYOUTUBEチャンネル運営
  • VR・AR関連会社への株投資

こういった副業が、今後増えてくると予想されます。

なので、このサイトでは「なんでもやってみよー!」ということで、いろんな「バーチャル副業」にチャレンジしてみようと思います。

今回は「バーチャルな副業で、まずは自力で1円を稼ごう!」って内容でしたが、

次回から「バーチャルな副業で月1万円稼ごう!コース」、
「バーチャルな副業で月5万円稼ごう!コース」、とやっていき、

もしうまくいって「バーチャルな副業で月10万円稼ごう!コース」、
「バーチャルな副業で月30万円稼ごう!コース」、

となっていったら人生変わる話になってきます。どうなるかお楽しみに!

まとめ

「副業をやる時代」と言われるようになって、もうそれが当たり前になってきています。

「副業がダメなんて会社はイマドキあり得ない!」という風潮です。

コロナの影響もあり、「このままで大丈夫なのだろうか?」という不安から、何か新しくはじめた方も多いでしょう。

僕もそのクチです。ステイホーム中に、バーチャルな世界を垣間見ることになり。

「これはこれから来るぞ…」と静かなる衝撃を受けました。

“VR”というとゲーム、ってイメージが強いですよね。

ですが、その本質は、人間の“認識”を制する技術だと思っています。

これが自由に使えるようになった時、人間はその便利さからもう戻れません。

どのタイミングでその波が来るのか。

そしてその波に、このサイトを見ている方々がうまく乗れますように。

今からはじめて、可能性を探っていきたいと思います。


以上、『バーチャルな副業で、まずは自力で1円を稼ごう!』をお伝えしました。

次は、さっそくバーチャルで月1万円を稼いだ話をお届けします!↓
>>>バーチャルな副業で月1万円稼ごう!コース

最新情報をチェックしよう!
>