学生にオススメの副業は『せどり』!オススメする5つの理由

「学生は金がない!?」

じゃあどうするか。

バイトの他にも、収入があったらいいですよね?

なので副業をオススメします。

その中でも僕は断然『せどり』をオススメします。

「モノを仕入れて、仕入れ値より高い値で販売する」のがせどりですね。

僕は過去に、せどりでけっこー生活が助かってました。

扱ってたのは、主に本とCDです。

それで「儲けよう」っていうより、本やCDをあさるのが好きだったので。「趣味のついでに」って感じで。

やっていて、これは「若ければ若いほどプラスになる副業だなぁ」とつくづく感じていました。

理由を言います。

学生にオススメの副業は『せどり』!オススメする5つの理由

本のせどりなら、本を読める

一番の理由はコレですね。

成功者のほとんどはこう言います。

「本を読んだ方が良い」

あなたの生活を向上させるために、知識は絶対に必要です。

それが無いと、チャンスやヒントに気づけない。アイデアも浮かばない。メンタルもコントロールできない。

“知識”という強力な武器を持つために、本は絶対に読んだ方がいい。これだけははっきりしていますよね。

でも、学生の頃って、1冊の本を買うのもキビシかったりするじゃないですか。

なので『せどり』です。本を安く買う、読む、高く売る。

これで、知識とお金、という2つのプラスを得ることができます。

これほど学生に向いてる副業はないんじゃないかと思います。

若い頃は、友達と遊ぶことって多いですよね。

ですが友達の輪でしか情報を得ていないと、その情報の範囲内でしかモノを考えられないわけで。

友達の輪とは別に、偉人や成功者の言葉をどんどんアタマに入れてった方が良いですね。

持っている情報が未来の生死を分けます。

せどりは、感性をみがける

本以外にも、CDのせどりなら、CDを聴けますし。
(ただ、CDの需要は年々下がっています。レコードの方が需要上がってる)

別に何を扱ってもいいわけです。

なので、自分の好きなものを扱ってみるのがいいですね。

ファッションが好きなら服、ゲームが好きならゲーム、フィギュアが好きならフィギュア。

好きなぶん、それについては一般ピープルより断然くわしいわけですから。

それぞれ好きなものを扱って、それに触れる。

「なぜそれが好きなのか」

「なぜ素晴らしい作品なのか」

「なぜ人に支持されるのか」

といったことを考えるようになる。

それによって、あなたの感性はどんどん研ぎ澄まされます。

せどりは、ゲーム感覚で楽しい

僕は本やCD中心だったので、古本屋やブックオフによく行ってました。

と言っても、せどりをやる前から、そーゆーお店行くのが好きだったんですよ。

「え!こんな名著が100円なの?」とか、「このCDは日本でほとんど出回ってないやつじゃないか!」とか。

そういうのみつけると、もう宝探しみたいなもので。

「光り輝いて見えるっ!」って感じなんですよね。

フリマでも、リサイクルショップでも、骨董市でも。

すごいモノを発見して安く買えた時って、うれしいじゃないですか。

あの感覚は楽しいですよね。

ブックオフの前を通りがかったついでなんかに、ゲーム感覚でやるのがいいんじゃないかと思います。

せどりだけで生活するのはオススメしません。そんなにたくさん扱っても管理大変になりますし。

気楽にやりましょう。

せどりは、いろんな経験にもなる

ある種、個人事業主になるわけです。

お客様とのやり取りやら、梱包・発送やらは一通りやることになります。

やり方を覚えるのははじめだけ。慣れれば簡単です。

せどりをやるにしろやらないにしろ、人に荷物を送ったりすることはありますよね。

そういった時には活かせます。せどりをやると、発送方法にもくわしくなります。

なんにせよ、小さくても事業をはじめるのは勉強になります。

せどりは、ローリスク

ブックオフなら100円(今は110円)で1冊買えるわけですよね。

これって仕入れるにしても、「リスク」なんていう金額じゃないですよね。

これは昔、びびった話なんですが…

僕、エレファントカシマシが好きなので、エレカシの『風に吹かれて』っていう本を買ったんですよ。

ブック〇フで100円でした。

読んでから、本がたまってきたので「置き場所ないから整理しよう」つって。ヤフオクに出したら。

この『風に吹かれて』が絶版本でレアだったらしく。

みるみる値が吊り上がって、7000円くらいで落札されたんですよ!

びっくりですね。知らないうちに、お宝を出品していたと。

こんなこともあるわけですね。

熱烈なファンのいる人の本などは、売れないなんてことはまず無いです。

せどりは、元手が100円というローリスクではじめられて、マイナスになるということはないです。

めちゃめちゃ気軽にはじめられます。


以上の理由から、学生の副業として『せどり』をオススメします!

逆にやらない理由ないんじゃないか、ってくらいプラスしかない。

いろんな本を読みつつ、センスもみがきつつ、経験も積みつつ、生活の足しにもなる、っていう。

なぜこれを人に教えるのかというと、僕もいいオトナですし、本は定価で買おうかなって…。

オトナになってから本腰入れてやる副業でもないので。

『せどり』は若者がやればいいんじゃないかな。というわけでオススメしています。


というわけで、次は『仕入れのコツ』をお伝えします!

「売れるモノかどうか」って、僕、わかるんですよ。

いいのかこんな有益な情報を教えちゃって…

>>>本『せどり』での仕入れ方、7つのコツ

最新情報をチェックしよう!
>