2023年版【セカンドライフの現在】サービスは継続中《創業者も復帰》

「セカンドライフって今どんな感じなの?」

いま再び注目されている「メタバース(仮想空間)」

その中でも2000年代に一大ブームを起こした【SecondLife(セカンドライフ)】を知っていますか?

久々に【セカンドライフ】をやってみたら、進化しつつ、未だにサービスが続いていました。

【セカンドライフ】とは何だったのか?今はどうなっているのか?これを読めばわかります。

他のメタバース(VRChatClusterなど)の視点からも、いろいろなことがわかったのでお伝えします。

話題の【NFT】などの流れもあり、いよいよ仮想空間での経済が活発になりそうです。人々の生活に直結した「メタバースのトビラが少しづつ開きつつあります。

そんな「メタバース」のさきがけともいえる【セカンドライフ】の現在を見てみましょう。
 
さい
セカンドライフ経験アリ、VR歴3年の僕がお伝えするよ!

2023年版【セカンドライフの現在】サービスは継続中《創業者も復帰》

2023年版【セカンドライフの現在】サービスは継続中《創業者も復帰》

【セカンドライフ】とは、2006年頃に世界中で大ブームを巻き起こした仮想空間サービスです。

自分のアバターを選び、インターネット上に作られた【セカンドライフ】の世界に入る。

いろんな人や建物を見たり、他のプレイヤーと話したり、お店で買い物をしたり、『リンデンドル』という仮装通貨もあって、物の売り買いもできました。

【セカンドライフ】内の土地を売って、1億円以上稼ぐ人まで現れました。そうして、世界中でブームになったのです。

日本では、2005年にブームが起こりました。

有名企業なども【セカンドライフ】内に進出しました…が、ブームは終わりをむかえました。

2023年版【セカンドライフの現在】サービスは継続中《創業者も復帰》

僕も【セカンドライフ】の世界に入ったことがあるのですが…

「どうせなら変なアバターにしよう」と、ほぼ裸の真っ白なアバターでウロウロしました。…かっこ良さげなお兄さんに笑われました。

いくつかセカンドライフ内のワールドを見て回ったのですが、建造物はあるのに、そこに人がいない…。

人がいない場所を、白い全裸でうろついてもしょうがないので。徐々にセカンドライフから遠ざかってゆきました。

「あの【セカンドライフ】は今どうなってるのかな?」ってことで。

久々に行ってみたのでリポートします。

【セカンドライフ】の始め方

【セカンドライフ】の始め方

>>>【SecondLife(セカンドライフ)】公式サイト

公式サイトから「無料で参加する」をポチッと押します。

するとアカウント作成の画面になるので、登録しましょう。

【セカンドライフ】の始め方3

アカウントを作ると、「会員レベルの選択」画面になります。

無料の「ベーシックにアップグレード」をポチッ

【セカンドライフ】の始め方4

ダウンロードして、ファイルを開きます。

はじめはチュートリアルワールドへ

2021年版【セカンドライフ】はじめはチュートリアルワールドへ1

名前とパスワードを入れてログインすると、はじめはチュートリアルワールドに飛ばされます。

はじめはチュートリアルワールドへ2

「中性的なアバター」と選択したら、こんな感じのアバターでした。

はじめはチュートリアルワールドへ3

マウスをいじるか、キーボードの「↑」「←」「↓」「→」を押してワールド内を移動します。

チュートリアルワールドには、基本的な操作方法が看板で案内されています。

はじめはチュートリアルワールドへ4

左上のメニューにある「ミー」から「アバターを選択」で、アバターを変えてみました。

はじめはチュートリアルワールドへ5

斉藤和義さん風の兄ちゃんに変更。

はじめはチュートリアルワールドへ6

「飛んで移動」するのも健在みたいですね。Homeボタンで飛び立てました。

はじめはチュートリアルワールドへ7

奥へ進むと、別世界へのポータル(ワープホール)がありました。入ってみます。

いろいろなワールドへ

いろいろなワールドへ

すると、外人さんがたくさんいるワールドへ飛びました。

どうやら「ロンドン・シティ」というワールドみたいです。

いろいろなワールドへ3

なにやら外人さんが大勢集まっていて、左のお姉さんがはげしく踊っていました。

日本人のいるワールドへ行ってみたいのですぐに移動。メニューの「世界」から「世界地図」にて「Japan」や「Tokyo」などと検索して、日本人が作ったらしきワールドを回ってみました。

すると、ファミマや東京タワーっぽい建物など、見慣れた景色のワールドが。

いろいろなワールドへ4

ですが、どこを見回っても人がいない!

いろいろなワールドへ5

相変わらず、ふらふらしてるだけではなかなか人と会うことはなさそうです。

ですが、根強く【セカンドライフ】を楽しんでいるユーザーさんも多いので、

誰かと出会いたい方は、SNSなどのコミュニティからつながってくのが良さそうですね。

アバターが進化している

【セカンドライフ】のアバター技術は、格段に進歩していました。

2016年あたりに「Mesh (メッシュ)」という機能が追加され、

他のアプリで作られたアバターを持ち込むことができるようになりました。

それによって、アバターのクオリティがめちゃめちゃ高くなっています。

さらに「BENTO」というシステムが導入され、顔の動き、手足の関節や、羽根やシッポまで細かく動かせるようになっています。

【セカンドライフ】内での目的は特に無い

【セカンドライフ】内での目的は特に無い

【セカンドライフ】は、ゲームと違い、倒すべきモンスターや、ゴール、クリアなどの目標はありません。

バーチャル上で。人とコミュニケーションをし、建物やモノを作り、売買したり、恋愛・結婚したりする。バーチャル上での生活を楽しむ、というものでした。

今流行っている【VRChat】【Cluster】などのバーチャルSNSが目指すものを、すでにやっていたのです。

ですが今のバーチャルSNSほど一般的にはなっていません。理由としては、

  • 映像を表示するための高性能なパソコンが必要だった
  • ユーザーが一気に増えたため、パス制に仕組みを変えた
  • あくまでも画面上だけで表示される仮想世界だった

などいろいろありますが、おそらく大勢の人が「生活する?いや、現実で良くね?」となったからじゃないでしょうか。

この時はまだ、仮想世界への理解が得づらかったと想像できます。

セカンドライフの現在《2021年》まとめ

セカンドライフの現在《2021年》まとめ

【セカンドライフ】は今も健在です。

楽しんでいる人々も、未だ多くいます。気になる方は入ってみるのもいいでしょう。

現在の利用者さんに【セカンドライフ】の現状を教えていただきました。

  • 同時ログイン数は3~5万人
  • 1日のリンデンドル(通貨)取引額は、日本円にして2000万円前後(盛んな経済活動が行われている)
  • 17年続いていて、今現在も多く利用者がいる

というわけで、今も活発に【セカンドライフ】は運営されています。

17年生活している人々がいる仮想世界ってすごいですよね。

その後【セカンドライフ】関係の話では、創業者フィリップ・ローズデール氏が、新たに【High Fidelity】というセカンドライフのグレードアップ版を作りました。が、うまくいかなかったようで現在はほぼ終了しています。

【セカンドライフ】のリンデンラボ社が作ったVR没入型の仮想世界【Sansar】というのもあります。

ですがこちらは、ライブやイベント向けのプラットフォームへ方向転換した模様。

そして2022年の1月に、フィリップ・ローズデール氏は再び【セカンドライフ】に戻ってきました。

話題の【NFT】などの流れもあり、いよいよ仮想空間での経済が活発になりそうです。人々の生活に直結した「メタバース」のトビラが少しづつ開きつつあります。

【NFT】についてくわしく知っておくと、チャンスもたくさん転がっていそうです

【関連記事】>>>超簡単に【NFT】とは何か?→コピーできないデジタルデータ所有権です《誰でも一点モノが作れる》

【セカンドライフ】の再来?【VRChat】や【claster】などVR SNSの台頭

【セカンドライフ】の再来?【VRChat】や【claster】などVR SNSの台頭

今流行っているバーチャルSNSの【VRChat】【claster】も、どっぷり遊ぶには高性能なパソコンやVRゴーグルが必要です。

少しハードルはありますが、遊んでる人口がどんどん増えて盛り上がっています。

新しくVRのSNSを始めようとする人は、【VRChat】【claster】に流れていく人が多いようです。

今後も、こういったバーチャルSNSが流行し、衰退し、を何度か繰り返すかもしれません。

ですが、今の世の中の状況。その影響。そしてVRゴーグルによる、メタバースへの没入感。その技術の改善と進歩。

何より、VR分野にかけられているお金と、携わってゆく人の多さ。

遅かれ早かれ、バーチャルな世界が僕らの生活に入ってきて。大きくなってゆくのは間違いないでしょう。

【セカンドライフ】に時間とお金をかけた人は、【セカンドライフ】に愛着と執着があるだろうし、

【VRChat】【claster】に時間とお金をかけた人は、そちらに愛着と執着があるわけで。

「どこが良くてどこがダメ」ということではなく、それぞれが好きな場所を選ぶ。

そして、UI(使い勝手)とUX(体験)が良いメタバースが残ってく。単純に便利で有益なメタバース」が台頭してくるのでしょう。

こういったバーチャルの歴史がありつつ、これからのバーチャルの歴史が作られてゆく。

【セカンドライフ】をはじめとしたメタバースがどう続いていくのか、どういった変化があるのか。見守っていきましょう!

ちなみにVRをやるならVRゴーグル『Meta Quest2』が大人気です↓

VRをよく使う方はコントローラーの充電池も必需品ですので持っておきましょう↓

【関連記事】>>>【Meta Quest2】コントローラーの電池は“充電池セット”がオススメ《使わないと損する》

他、メタバースについては知りたい方は、こちらにくわしくまとめています↓

【関連記事】>>>サルでもわかる【メタバース】とは?始め方・やり方《バーチャルSNSをわかりやすくまとめる》

他、バーチャルの過去と、未来がどうなっていくのか。こちらでわかります↓

【関連記事】>>>【バーチャルの過去と未来】VRによる未来展望・未来予測まとめページ

このサイトの地図はコチラ↓

>>>【さいさいと】サイト案内