最新【ドローン】の現状と使い道とは?《国内では免許制に!人が乗れるドローンタクシーも》

テレビでも映像や飛んでる姿をよく見るようになった【ドローン】!

「【ドローン】って、いまどんな現状なの?」と気になるアナタへ。

ドローンの現在と使い道、最新情報をまとめてお伝えします!

さい
いろいろな本を読んでまとめたよ!

【ドローン】の現状と使い道とは?

【ドローン】の現状と使い道とは?

ドローンの操作性はどんどん向上しています。ラジコンと違ってそうそう墜落しません。

ドローンといえば以下のような特徴があります↓

  • 衝突回避センサーがあり、自動で止まる
  • GPSも付いていて電子コンパスがあるので自律飛行できる
  • 風が吹いててもそこで留まる
  • 車のスピードくらい出る
  • 手元のコントローラでドローンのカメラ映像が見れる
  • HMDでドローンの視点をそのまま見れる

こうした特徴があるため、ヘリより手軽に飛ばせて、映像が撮れたりモノを運んだりできるわけです。

ドローンの使い道

ドローンの使い道

ドローンの主な使い道は以下の通りです↓

  • テレビや映画の映像撮影
  • 荷物の運搬・配送
  • 災害現場の調査や捜索
  • 建設の測量や点検
  • 農業の種まき、農薬散布、害虫駆除

専門的なところではドローンのレースなんかも行われています。

一般的にイメージしやすいところでは、手で持たなくてもいい傘“空飛ぶドローン傘”も開発されています。

海外のドローンの現状

海外は規制がゆるいので、日本より進んでいるのは間違いないです。

中国ではすでにドローンが飛び回っています。

山岳地帯の多いスイスなどでもドローン開発が進んでいる状況です。

最近ではドイツのボロコプター社が、アメリカの主要都市でエアタクシーサービスを検討中。シンガポールではテスト飛行が成功し、2024年までには実現する予定です。

日本国内のドローンの現状

楽天が一部の離島にドローンで発送するサービスを始めていたりします。

経済産業省が「空の産業革命に向けたロードマップ」を発表していて、ドローンの技術開発や環境整備に取り組んでいます。

しかし、航空法や道路交通法など、規制が多いのがネックです。

今後ドローンの使用は免許制になる予定。免許制になることで、市街地でも飛ばすことができ、使用範囲も用途も広がってゆくでしょう。

まとめ ドローンの未来

まとめ ドローンの未来

規制により、現状では街なかを飛び回るのはまだまだ難しいです。

しかし、音の出ないプロペラの開発や、ルールの整備なども進んでいます。

近い将来、ドローンが飛び交う社会になってゆくのは間違いないでしょう。

重い荷物を長い距離で運べる巨大なドローンや、人を乗せて運ぶパッセンジャードローンも進化しています。

技術の進歩により、ドローンも自動で飛行するようになります。

メルカリなどの個人間の配送ができたり、Uberのような宅配もドローンで届いたり。移動もドローンタクシーで…という未来が待っている。ワクワクしますね!

 

他、未来の知識をコチラにまとめています↓

>>>【バーチャルを学ぼう】未来を生き残るための知識を得よう!《最新情報・本・過去と未来》