「部屋にいながら、世界遺産を見てまわれるっ!!」

VRで世界各地を見てまわれるアプリ、【Google Earth VR】を体験してみました!

どんな感じのアプリか、お伝えします!

世界各地へすぐに行ける!【Google Earth VR】を体験レビュー!オススメです!

この記事でわかること

  • 『Google Earth VR』を使うために必要なもの
  • 『Google Earth VR』で世界各地へ行ける
  • 『Google Earth VR』の使用感
  • 『Google Earth VR』の今後の進化は?

【Google Earth VR】を使うために必要なもの

【Google Earth VR】を使うために必要なもの

【Google Earth VR】を使うためには、以下のどれかが必要です。

VRゴーグル対応機種
・HTC Vive
・Oculus Rift S

【Oculus Quest】でも、「Oculus Link」という機能を使ってパソコン(ある程度スペック必要)につなげば使用できます。

スマホで見れるスマホアプリもあるにはあるけど、「そこに入ってる」感はないのであまりオススメしません。

対応ゴーグルを用意したら、Oculus StoreやSteamにてアプリ【Google Earth VR】(無料)をダウンロード。

これで【Google Earth VR】が使えます。

【Google Earth VR】で世界各地へ

【Google Earth VR】で世界各地へ1

VRじゃない【Google Earth】は皆さん見たことがあるかと思います。

要するに、あれのVR版です。パソコンの画面上ではなく、そこに入って、実際に見ながら飛びまわれるっていう。。

街や自然や建物などのジャンルに分けてピックアップされているので、ここから見たい場所を選ぶのがいいです。

孫悟空の舞空術、もしくはマトリックスのネオのように、世界遺産の上を飛びまわれます。

マンハッタン上空を飛べば、気分はスーパーマンかアイアンマンか。。そんな感覚になれます。

【Google Earth VR】で世界各地へ2
VRゴーグルで見ると、この中に入り込めます。

【Google Earth VR】の使用感

町名などを細かく検索もできますが、「ストリートビューを360°で観れる」程度なのであまりオススメしません。

Saiの実家も見てみましたが、さすがに田舎の方までは360°写真は撮られていなかったです。

今のところ細かく観るというよりは、ピックアップされている名所を見てまわるのが一番楽しいと思います。

見てみたかったあそこやあそこ、世界最大の奇祭「バーニングマン」の会場まで!

いろいろと見まわって、世界遊泳を楽しみましょう。

【Google Earth VR】の使用感1
ドイツのノイシュヴァンシュタイン城や…
【Google Earth VR】の使用感2
ヴェネツィア…
【Google Earth VR】の使用感3
オーストラリアのウルル(エアーズロック)…
【Google Earth VR】の使用感4
ナイアガラに…
【Google Earth VR】の使用感5
おなじみ富士山!赤い!葛飾北斎の絵みたい!

【Google Earth VR】なら旅行先を事前に見る、ということもできるわけです。

が、個人的には視覚の前情報は入れたくないので。。そういう使い方はしないかも。

ただ何度も行ってるところだったら見るのも楽しめますね。

「ああ、こんな感じの街並みだったなー。なつかしい!」とか、

「え、ここにこんなイイ感じの小路あったの?次行ったらここ歩こーっと!」

などの楽しみ方はできそうですね。

【Google Earth VR】の使用感6

【Google Earth VR】の今後の進化は?

【Google Earth VR】の今後の進化は?

今のところ、

「ピックアップされた名所を飛びまわれる」

「360°ストリートビュー写真が撮られていれば見れる」

といった感じです。

今後、さらに進化してゆけば、「検索した街に降り立って、実際に歩き回れる」ということもできるようになるのでしょう。

そうなるとホント、海外旅行に行ってるようなもんですもんね。

さらに、リアルタイムな世界が映し出されて。

そこに生活してる人々も歩いていて。

自動翻訳機能まで完璧になったら…。

マジで遠くへの移動が必要なくなるなぁと思ったのでありました。


以上、世界各地へすぐに行ける!【Google Earth VR】体験レビューをお伝えしました!

ぜひ、世界各地の名所を飛びまわってみてください!

他、バーチャルなアプリ・ソフトについてはコチラ↓
>>>バーチャルで遊ぶ

最新情報をチェックしよう!
>