「“NFT”って、どうやって作るの!?」

誰でも、データを“NFT”にすれば、それでクリプトアートのできあがり!

そんなクリプトアート(NFTアート)、作ってみたいですよね?そんなわけで…

めちゃくちゃカンタンに、最短でクリプトアートを作る方法!お教えします!

サルでもわかる【クリプトアート】の作り方《NFTアートを作ってみよう!》

サルでもわかる【クリプトアート】の作り方《NFTアートを作ってみよう!》

クリプトアートを作るために。やることは3つあります。

  1. 仮想通貨の『イーサリアム(ETH)』を買う
  2. 『イーサリアム(ETH)』を入れるお財布を手に入れる
  3. NFTサービスを使って、クリプトアートを作る

買った『イーサリアム(ETH)』は、作品を売る時に必要になります。

今回は「NFTを作るまで」をやって、売り方は次の記事でまとめますね。

さぁ、ドラクエ気分で進めていきましょう!

クリプトアートを作るには、この3つが必要

クリプトアートを作るには、この3つが必要

クリアするための3つのアイテムについて、軽く説明します。

NFTのクリア条件アイテム その1『イーサリアム(ETH)』

皆さんご存じ、『ビットコイン(BTC)』の次に有名な仮想通貨が『イーサリアム(ETH)』です。

ビットコインは“通貨”ですが、イーサリアムは“システム”です。

イーサリアム上で使われる通貨が、『イーサ(ETH)』です。

NFTサービスは主に、イーサリアム上で提供されています。

したがって、NFTサービスを使うために、『イーサ(ETH)』が必要になるわけです。

NFTのクリア条件アイテム その2『MetaMask(メタマスク)』

『MetaMask』は、自分の仮想通貨を入れておくためのウォレットアプリ。つまり「お財布」です。

イメージとしては、NFTサービスに自分のポケットをくっつけておく感じです。

『イーサ(ETH)』を手に入れたら、いったんココに入れる必要があります。

NFTのクリア条件アイテム その3『OpenSea(オープンシー)』

『OpenSea』は、NFTを作って販売するための、NFTサービスです。

カンタンに、「NFT版のメルカリ」くらいに思っておけばいいです。

この『OpenSea』『MetaMask』をつけて、『イーサ(ETH)』を入れておく、と。

さい
この3つがそろえば準備完了だよ!

あとはアナタの作品をNFT化して、販売していく。という流れになります。

それではひとつづつ、クリアしていきましょう!

ちなみに、こちらのページもあわせて参考にすると、わかりやすいです↓

>>>クリエイターのためのNFT講座② – NFTを作って売ってみよう!

【クリプトアートの作り方】はじめに 仮想通貨の『イーサリアム(ETH)』を買う

【クリプトアートの作り方】①仮想通貨の『イーサリアム(ETH)』を買う

クリプトアート用に仮想通貨『イーサリアム(ETH)』を買いましょう。

「えっ!仮想通貨を買わなきゃいけないの!?」と思うかもしれませんが、大丈夫。

別に「仮想通貨の取引をガンガンやりましょー!」って話ではありません。

NFTを売ろうとした時に、システム利用料がかかるのです。そのぶんだけ、手に入れればいいわけです。

ここでやることは、2つだけ。

  1. 仮想通貨の取引所に、口座を作る
  2. 取引所で、イーサリアムを買う

まずは、仮想通貨の取引所に、口座を作りましょう!

①仮想通貨の取引所に、口座を作る

①仮想通貨の取引所に、口座を作る

NFTをはじめるなら、どの取引会社がオススメか。結論から言います。

  • ビットフライヤー
  • ビットバンク
  • Zaif

ここらへんの会社で口座を作るのがいいです。

理由は、「販売所」ではなく、「取引所」で買えるから。

取引会社で仮想通貨を買うとき、「販売所」と「取引所」の2つの窓口があります。

「販売所」は、取引会社が持ってる仮想通貨を買うことになります。

わかりやすくてカンタンに買えますが、割高で買うことになるのです。

「取引所」は、売りたい人から直接買うことができます。

はじめに買い方をおぼえれば、割高で買わなくてすみます。

取引所と販売所の違いは、こちらにくわしくまとめています。興味あればどうぞ↓

>>>【仮想通貨・ビットコイン】取引所と販売所って、何が違うの!?《取引所での買い方》

で。上にあげた3つの会社なら、「取引所」で『イーサリアム(ETH)』を取り扱っています。

他の大手会社…コインチェックや、GMOコイン、DMM Bitcoinなどには、

『イーサリアム(ETH)』の「取引所」がありません。

ちなみに僕は、コインチェックの口座を持っていました。

なので、手っとり早く「販売所」から『イーサリアム』を買いました…とーぜん割高に買ってしまったわけです。

なので、これから「取引会社に口座を作ろう」って方は、上の3つの会社をオススメします。

一番大手のビットフライヤーとかで、ウェブからサクッと口座作るのがいいんじゃないでしょうか。

さい
海外の取引所は「仮想通貨をがっつりやる人」向けだから、ここではオススメしないよ

仮想通貨の取引所については、こちらにくわしくまとめています。興味あればどうぞ↓

>>>仮想通貨の取引所どこがいい?おすすめの取引所5つを比較ランキング!これで間違いナシ!

②取引所で、イーサリアムを買う

②取引所で、イーサリアムを買う

口座を開設したら、その取引所で『イーサリアム』を買いましょう!

「めんどくさいから、割高でもいいや!」って方は、販売所からサクッと買ってください。

取引所から「ちょっとでも安く買いたい」って方は、取引板から買ってみてください。

で。「イーサリアムをいくら買えばいいの?」ってなりますよね。

ここは残念ながら「ある程度」としか答えられないです。

というのも、“GAS代”と呼ばれるイーサリアムの利用料は、時間帯や日によって変わってくるからです。

さい
参考までに、僕は0.03イーサ(ETH)くらいかかったよ

目安として、0.05~0.1ETHくらい買えば大丈夫かな、とも思いますが…

万が一「足りなかったぞコノヤロー!」ってなるとイヤなので、「ある程度」としか言えないのです。

くわしくは、実際に支払う時(作品を出品する時)に言います。

はっきり目安がわかってから買ってもいいので、『イーサ』を買うのは後回しでもいいです。

なので、まとめるとこうです。

  • めんどくさかったら、“ある程度”で『イーサ』を買っておく。足りなかったら後から追加
  • もしくは、作品を出品する時に、だいたいの目安を見てから『イーサ』を買う

この2通りから、どっちでも好きな道を選びましょう。

あと、気になると思うので先に言っておきますが、作品を出品するたびに手数料がかかるわけではありません

はじめに出品する時だけ、システム使用料を支払う。ってことです。

それ以降は、どんどん作品を出品しても、追加で手数料を取られることはありません。

『イーサリアム(ETH)』の価格変動は見ておこう

「仮想通貨って、価格変動あるよね?上がるかもしれないけど、暴落とか怖い…」

と思うかもしれません。前よりは安定してきていますが、もちろん日本円などよりは価格が変動します。

そこらへん、『イーサリアム(ETH)』の価格変動があることも頭に入れておきましょう。

『イーサ(ETH)』の価値が上がれば「儲かっていいじゃん!」と思うかもしれませんが…

システム手数料の“GAS代”も上がる、ってことなので。ここらへんは悩ましいところです。

【クリプトアートの作り方】次に 『イーサ(ETH)』を入れるお財布を手に入れる

【クリプトアートの作り方】②『イーサ(ETH)』を入れるお財布を手に入れる1

ウォレットアプリの『MetaMask(メタマスク)』が必要になります。

ダウンロードして、「ウォレットの作成」からセットアップしていきましょう。

こちらのページを参考にして、ダウンロード&セットアップするのがわかりやすいです↓

>>>[メタマスク(Metamask)の使い方・基本編] 入手、ウォレット作成、送金、入金方法を説明

>>>MetaMask/メタマスクの導入(Google Chrome)

おサイフなので、管理に注意!

  • パスフレーズは人に教えないように
  • 手書きで保管しよう

「ハッキングされて、イーサがなくなった!」なんてことにならないように。セキュリティを意識しましょう!

すでに『イーサ(ETH)』を持っていたら、用意したメタマスクウォレットのアドレスに送金します。

送金のしかたは、それぞれの取引会社で多少違うかもしれません。

が。『送金』みたいなところからやれば、誰でもできるはずです。

ちなみに、コインチェックの取引所から送る画面はこんな感じ。

【クリプトアートの作り方】②『イーサ(ETH)』を入れるお財布を手に入れる2

『送金』することによって、『イーサ(ETH)』の送金手数料がちょっとかかります。

メタマスクのウォレットに『イーサ(ETH)』が入金されたらクリアーです!

【クリプトアートの作り方】最後に NFTサービスを使って、クリプトアートを作る

【クリプトアートの作り方】③NFTサービスを使って、クリプトアートを作る

NFTサービスは、一番有名なNFTサイト『Opensea』を使います。

ここなら、NFTを作るぶんには“GAS代”と呼ばれる手数料がかかりません。(出品する時にかかります)

「いや、NFTにしたら俺の作品は絶対売れるんじゃい!」という方は他のサービスでもいいですが、

「ひとまずどんなものか、試してみよう」って方は『Opensea』で出品するのが良いでしょう!

作る流れは、以下のとおりです↓

  1. 『Opensea』アカウントを作って、『メタマスク』を連結させる
  2. 自分の名前やメールアドレスを入力する
  3. 『My Collections(マイコレクション)』のページを作る
  4. マイコレクションの『Add New Item』から、作品データをNFT化する
  5. 『Create』で、クリプトアート完成!

という流れです。ここでも、こちらの2つのサイトを参考にするとスイスイ進めます↓

>>>クリエイターのためのNFT講座② – NFTを作って売ってみよう!

>>>NFTとは何か?OpenSeaで始めるNFT入門

ここで引っかかるかもしれないのが、メタマスクとの連結。

自分のメタマスクアドレスをコピーして入力する必要があるわけですが…

恥ずかしい話、僕は「これ入力して大丈夫なのか!?」とビビッておりました。

入ったことないお店の前で、チラチラ見ながらウロウロする感じです。

さい
入力したとたん、ハッキングされて全部盗まれるんじゃ…とか思ってたんだ

「ええいっ!ままよっ!」と入力した結果、とーぜん大丈夫でした。

連結できたら、自分のコレクションページを作って、作品をNFT化するだけです。カンタンですね。

というわけで、クリプトアート完成!

参考までに【さい】のNFTアートはこちら↓
>>>SAI_NFTs

値段は出品する時に付けます。システム手数料がかかるのも、その時です。

出品・販売については、こちらの記事にまとめました↓
>>>あなたが作った【クリプトアート】を、安く出品する方法!《NFTアートを販売しよう》

『Opensea』で一通りやってみたら、『Chocofactory』を使ってみることをオススメします!

その理由はコチラにまとめています↓
>>>【わかりやすく解説】村上隆がNFTアートを出品取り下げたのはなぜか?

『Chocofactory』の始め方は、コチラにまとめています↓
>>>話題のNFTサービス【Chocofactory】始め方をカンタンにまとめました!


以上、サルでもわかる【クリプトアート】の作り方《NFTアートを作ってみよう!》をお伝えしました!

ちなみに手前味噌ですが、僕はこういった作品を描いています↓
>>>【絵描きをやる意味】考えて、美しいものをものをみつける《絵描きの自己紹介ページ》

他、クリプトアートについてはこちらにくわしくまとめています↓
>>>クリプトアート【NFTアート】とはいったい何だ!?《絵描き・アーティスト目線で、わかりやすく解説!》

最新情報をチェックしよう!
>