【クリプトアート・NFTアート】のプラットフォームはどこがいい?《あなたの選択は?》

「クリプトアートやるなら、どのプラットフォームがいいの?」

そんなアナタへ!NFTの4大プラットフォームと、日本発のプラットフォームについてまとめました!

これをサクッと読めば、主要なNFTプラットフォームがわかります!

【クリプトアート・NFTアート】のプラットフォームはどこがいい?《あなたの選択は?》

【クリプトアート・NFTアート】のプラットフォームはどこがいい?《あなたの選択は?》

まずは、さけて通れないNFTの4大プラットフォーム!いってみましょう!

さい
創業された順に紹介するよ!

NFTの4大プラットフォーム①『Opensea』

NFTの4大プラットフォーム①『Opensea』

2018年の1月に創業。NFTマーケットの最大手『Opensea』。

クリプトアート・NFTアートの売買はもちろん、トレーディングカードやゲームのアイテムなど。いろんなNFTを取り扱っています。

「NFTの取引ならここが一番大きい会場!」って感じ。

暗号通貨『イーサリアム(ETH)』を使って取引します。

『Opensea』のいいところは、カンタンに誰でもNFTを発行できるところ。

GAS代がかかるのは、はじめに出品する時だけ。あとの出品はかかりません。

利用者も多いし、「NFT始めるならまずは『Opensea』からやってみるのがいんじゃないの!」って感じですね。

デメリットとしては、万が一『Opensea』がつぶれたら、作ったNFTは消えちゃうかもしれない。

大手なので、真っ先に『Opensea』がつぶれるなんてことはないでしょうけれど…

そこらへんを踏まえて始めるのがいいかと思います。

『Opensea』の始め方は、コチラにまとめています↓

>>>サルでもわかる【クリプトアート】の作り方《NFTアートを作ってみよう!》

NFTの4大プラットフォーム②『SuperRare』

NFTの4大プラットフォーム②『SuperRare』

2018年の4月に創業。品格のあるNFTプラットフォーム『SuperRare』

出品できるかどうかは、審査制。有名アーティストや著名人などの作品を取り扱っています。

主にクリプトアート・NFTアートを取り扱い。作品はオークション形式で売買されます。

サイトの作りも、作品をひとつひとつ鑑賞できるようになっていて「高級ギャラリー!」って感じ。

『SuperRare』のいいところは、アーティストからも人気があって、存在感のあるプラットフォームだってことです。

なので作品が高額で取引されます。

ちゃんとしたアーティストしか作品を出せないので、コレクターも権利違反作品をつかまされることがないです。

デメリットとしては、出品の審査がキビシイこと!

英語のサイトなワケですが、プロフィールを送って審査を受ける必要があります。

逆に、この審査が通ったら一流NFTアーティストの仲間入り!

>>>SuperRare

NFTの4大プラットフォーム③『Rarible』

NFTの4大プラットフォーム③『Rarible』

2018年の10月に創業。こちらもNFTマーケットの大手『Rarible』

クリプトアート・NFTアート専門のプラットフォームです。

「NFTアーティストとコレクターが集う市場」って感じ。

暗号通貨『イーサリアム(ETH)』を使って取引をする。

こちらの『Rarible』も、『Opensea』と同じく誰でもカンタンにNFTを発行できます。

『Rarible』のいいところは、『Opensea』と違って、同じ作品を複数枚販売できるところです。

あと、販売者と所有者に「RARI」というトークンが配られるのも面白いです。

そんな仕組みもあってか、動きが活発です。

ただ『Opensea』に比べて、NFT化できるファイルサイズが小さいです。

『Opensea』は100MBまでいけるけど、『Rarible』は30MBまで。

販売方法も、オークション形式などは無くて、固定した金額での販売になります。

>>>Rarible

NFTの4大プラットフォーム④『Nifty Gateway』

NFTの4大プラットフォーム④『Nifty Gateway』

2018年の10月に創業。最高級なNFTプラットフォーム『Nifty Gateway』

最高品質のクリプトアート・NFTアートを取り扱っています。

「NFT最高級作品を集めました!」って感じ。

『Nifty Gateway』は、ザッカーバーグのライバルとして知られる、ウィンクルボス兄弟がバックアップしています。

超高額で落札されて話題になったBeepleさんの作品も、『Nifty Gateway』でのオークションでした。

『Nifty Gateway』のいいところは、すべてにおいてトップクラス!ということです。

『SuperRare』よりもさらにグレード上がってる感じ。

高額で取引されていて、しかも支払いがクレジットカードでもできるっていう。

逆に、一般ピープルの参加はキビシイな、ってとこです。

>>>Nifty Gateway

日本のNFTプラットフォーム6つを紹介!

日本のNFTプラットフォーム6つを紹介!

「日本発のNFTプラットフォームはないの?」って気になりますよね。あります!!

今まさに、続々と登場しています!!こちらも紹介していきます!

NFT作成サービス『Chocofactory』

NFT作成サービス『Chocofactory』

>>>Chocofactory

まずは、『Opensea』で出品するなら使った方がいい『Chocofactory』

2021年3月にサービス開始。

『Opensea』からではできない、“独自コントラクト”でNFTが発行できます。

“独自コントラクト”って何なのかは、コチラを読めばわかります↓

>>>【わかりやすく解説】村上隆がNFTアートを出品取り下げたのはなぜか?

『Chocofactory』でNFTを作って、『Opensea』で出品!という流れが、一番やりやすいんじゃないでしょうか!

『Chocofactory』の始め方は、コチラにまとめています↓

>>>話題のNFTサービス【Chocofactory】始め方をカンタンにまとめました!

NFTサービス『Startbahn Cert.』

NFTサービス『Startbahn Cert.』

>>>Startbahn Cert.

2014年からアート×ブロックチェーンの事業にたずさわっている、Startbahn社さん。

NFTのマーケットプレイスではなく、実際にある作品をNFT発行するのが主な業務の会社です。

少年ジャンプの『ONE PIECE』をNFT化するプロジェクトは、こちらの会社が行ったものです。

NFTプラットフォーム『Pantograph』

NFTプラットフォーム『Pantograph』

>>>Pantograph

2020年8月にサービス開始。NFTを売買するパンタグラフマーケット』

そしてNFT作成サービスパンタグラム』もリリースされます。

『パンタグラム』は、インスタのアカウントと連動してNFTを作って、出品できるサービスとのことです。

NFTマーケットプレイス『nanakusa』

NFTマーケットプレイス『nanakusa』

>>>nanakusa

2021年3月にサービス開始。NFTマーケットプレイス『nanakusa』

今はゲームアイテムやアイドルカードなどが売買されていますが、クリプトアートの取り扱いもされていくようです。

NFTプラットフォーム『Hokusai』

NFTプラットフォーム『Hokusai』

>>>Hokusai

2021年4月にサービス開始。NFTプラットフォーム『Hokusai』

実際にある作品と紐づけて売買できるプラットフォームとのことです。

NFTプラットフォーム『CryptoArt-Experiment』

NFTプラットフォーム『CryptoArt-Experiment』

>>>CryptoArt-Experiment

2021年4月にサービス開始。NFTプラットフォーム『CryptoArt-Experiment』

時代の先端をゆくクリエイティブ集団、ライゾマティクス社が発表したプラットフォームです。要注目!

その他のNFTプラットフォーム

その他のNFTプラットフォーム

NFTの4大プラットフォーム以外のプラットフォームも並べておきます。

興味があれば、調べてみるといいかもしれません!

NFTプラットフォーム まとめ

NFTプラットフォーム まとめ

というわけで、NFTのプラットフォームを紹介しました!

NFT4大プラットフォームをはじめ、今のところ主戦場は日本語に対応していない海外サイトになります。

なかなか一般ピープルが手を出すのはハードルが高い状況ですね。

今のところ一番やりやすいのは、『Opensea』×『Chocofactory』かと思います!

日本発のプラットフォームも次々と出てきており…

まさに今、超特急で整備されている市場となっています。

おそらく、あっという間に一般でもNFTの売買をするような世の中になるのではないでしょうか。

一般利用は、もうちょっと使いやすくなってからでもよさそうです。

その時にいち早く使えるよう、プラットフォームの動向や、仮想通貨の知識などを入れておくと良いでしょう!


以上、【クリプトアート・NFTアート】のプラットフォームはどこがいい?をお伝えしました!

わかりやすい【NFT】の解説はコチラにまとめています↓
>>>超簡単にわかりやすく【NFT】って何!?【NFT】とは誰でも一点モノを作れる、新しい仕組みです!

【クリプトアート(NFTアート)】については、コチラにまとめています↓
>>>クリプトアート【NFTアート】とはいったい何だ!?《絵描き・アーティスト目線で、わかりやすく解説!》

最新情報をチェックしよう!
>