【VR・ARからMRへ】その先にある《XR》の未来とは

「VR・ARの他にも、MR・SR・DR・XR…いろいろあるよね?それって何!?」

ってアナタに!それぞれについて、わかりやすくお教えします!

これをサクッと読めば、○○リアリティについて、すべてわかりますよ!

【VR・ARからMRへ】その先にある《XR》の未来とは

【VR・ARからMRへ】その先にある《XR》の未来とは

VR・ARも、「同じ山の頂点を目指している。登るルートが違うだけ」とよく言われます。

VR・AR・MRの技術が進歩するほど、それらの境界線はなくなってゆきます。

VR・AR技術の現場では、それらの技術をまとめて“XR”と呼ぶようになっています。

数学の授業で誰もが使った“X”。未知の数字。何かが入るブラックボックス。

そこを割り出してゆくために、“○○Reality”について整理します。そこから未来のイメージが見えてきます。

VR(Virtual Reality、仮想現実)とは

VR(Virtual Reality、仮想現実)とは

VR(バーチャル・リアリティ)とは、現実ではない別世界を体験するものです。

ゴーグルをかぶって見る世界。アレです。

現実が見える視界をシャットアウト。別の視界を目の前に差しかえる。

これによって、宇宙の法則を無視した世界を体験できます。

今後は、軽いメガネ型になって、コンタクト型になる。

さらに進化すると、目に直接映し出したり、脳につないで全ての感覚を差しかえる、という未来になってゆくとか…。

AR(Augmented Reality、拡張現実)とは

AR(Augmented Reality、拡張現実)とは

AR(オーグメンテッド・リアリティ)とは、現実世界に別の情報を足せるものです。

よーするにポケモンGO。アレです。

スマホやメガネを通すと、あたかもそこにあるかのように見える。

現実の空間に、別の情報を重ねることができます。
これによって案内や方法なども表示できるので、便利になります。

マイクロソフト社が「ホロレンズ」というARグラスを作っています。

今後は、大手企業が次々とARグラスを開発してく予定です。

一般の人々には、VRより先にARが日常的になると考えられます。

MR(Mixed Reality、複合現実)とは

MR(Mixed Reality、複合現実)とは

MR(ミックスト・リアリティ)とは、VRとARの両方を合わせたものです。

現実世界も仮想世界も、境界がなくなります。

現実に仮想をどれだけ混ぜるか。仮想に現実をどれだけ残すか。

自由に選択でき、操作できます。

仮想と現実の、なめらかなグラデーション。それがMRです。

SR(Substitutional Reality、代替現実)とは

SR(Substitutional Reality、代替現実)とは

SR(サブスティテューショナル・リアリティ)とは、現実としか思えない映像を見せ、それを現実のように感じさせるものです。

よーするに、現実を別の現実にすりかえるわけです。

今のところ、過去の映像を使ってすりかえます。

SRを体験した人は、今の現実を見ているか、どこから過去の映像を見ているのか、気づきません。

なので、すべて今現実に起きていることだと思い込みます。

今後は、視覚や聴覚だけでなく、五感すべてをすりかえることを目指しています。

本当の現実か、すりかえられた現実かは、まったくわかならくなります。

DR(Diminished Reality、減損現実)とは

DR(Diminished Reality、減損現実)とは

DR(デミニッシュト・リアリティ)とは、現実からいらないものを消す技術です。

行動する中で、「街のうるさい騒音を消す」「過激な広告が見えないようにする」「電線や電柱を消す」など、

いらないものを現実から差し引きます。

今あるもので言うと、ヘッドフォンの「ノイズキャンセリング」。あれの進化版みたいなものです。

そして、その先にある【XR】とは

そして、その先にある【XR】とは

以上の“○○Reality”をまとめて、“XR”と呼ばれています。

さまざまなバーチャルと混ざり合った現実。それがXRの到着点です。

歴史を振りかえってみれば。

バーチャルにいろんなことができるスマホ。

バーチャルにやりとりでき、情報を得られるパソコン。

バーチャルに誰かが動き、話しているテレビ。

バーチャルに誰かと話せる電話。

バーチャルに大勢に伝えられる本。

バーチャルに価値を置きかえられるお金。

バーチャルにコミュニケーションの質を高められる言葉。

バーチャルを使った、人類が生きてゆくための戦いはずっとあったわけで。

そして今現在の戦いが、XRにある。

“認識する”という人間の性質をうまく利用できたなら。

今まで使われていた資源や労力は減り、さらに便利な人間社会が築かれてゆくのでしょう。

歴史の流れには逆らえません。

これからどうやって社会にXRが現れてくるのか、見てゆくのが楽しみですね。


以上、【VR・ARからMRへ】その先にある《XR》の未来についてお伝えしました。

他、バーチャルの過去と未来についてはコチラ↓
>>>【バーチャルの過去と未来】VRによる未来展望・未来予測まとめページ!

最新情報をチェックしよう!
>