【Amazonオーディブル】まとめ《少しずつ人生が変わるサービス》

“無料で12万冊聴き放題”の神サービス【Amazonオーディブル】とは?《読書が苦手でも楽に聴ける》

【Amazonオーディブル】まとめ《少しずつ人生が変わるサービス》

「大人って勉強しないくせに子供には“勉強しろ”って言うよね。アレどういうつもりなん?」

いやいやいやちょっと待った!ちゃんと勉強してるぞ【Amazonオーディブル】で!

もちろん日本は世界でも有数の「勉強しない大人たち」。1日の平均勉強時間は“6分”とも言われてる。

つまり、「大半のまったく勉強しない大人&一部の勉強する大人」って感じ。勉強しなければそりゃ収入も増えない。格差は開く一方なわけです。

「勉強した方がいいのはわかってるけど、時間ないし…」っていうアナタ。いつでもどこでも「本が聴き放題」なサービスがあることを知っていますか?

それが【Amazonオーディブル】!今なら誰でも30日間無料でお試しできる!なんと12万冊が聴き放題!

本を1冊買うと1500円するけど、無料期間で20冊くらいは聴ける!使わなきゃ損ですよね。

というわけで「無料で聴き放題」の神サービス【Amazonオーディブル】をまるっとお伝えします!

さい
読書は苦手なのに毎日オーディブルってる僕がお伝えするよ!

“無料で12万冊聴き放題”の神サービス【Amazonオーディブル】とは?

“無料で12万冊聴き放題”の神サービス【Amazonオーディブル】とは?

>>>Amazonオーディブル

こんな良いサービスがあって使わない手はないですが、まずは特徴やメリット・デメリットを知りましょう。

【Amazonオーディブル】の特徴

オーディブルの特徴を5つにまとめました↓

  • 「本を聴く」ためのアプリ。声優やナレーターが朗読した音声を聴く
  • スマホさえあれば、いつでもどこでも「ながら聴き」で読書ができる!
  • 小説やビジネス書などが聴ける。その数なんと12万冊以上!(有料のも入れると40万冊以上)
  • 他のアプリをいじってる時も音が止まらない「バックグラウンド再生」できる。読む速度も変えられる
  • 今ならお試し30日間は無料!(その後、続けるなら月1,500円)

【Amazonオーディブル】を始めると、スマホ・PC・タブレット・スマートスピーカーなどで本を聴くことができます。

といってもわざわざPCで聴く人は少ないと思うので、スマホやタブレットでどこでも自由に聴く感じ!

さい
こんな良いサービスがあるんだから、そりゃワイヤレスイヤホンも普及するよね

もちろん普通のイヤホンでも聴けるけど…ワイヤレスが欲しくなるのは間違いないですね!

【Amazonオーディブル】のメリット5つ《口コミでも大好評》

【Amazonオーディブル】のメリット5つ《口コミでも大好評》

オーディブルのメリットは以下の5つです↓

  • 「ながら聴き」で時間を有効活用
  • 読書が苦手でも「聴く」ならできる
  • 家の本棚がいらなくなる
  • 買うか迷った本でも気軽に試せる
  • 知識でバッキバキになれば人生が変わる

ひとつづつ解説します!

オーディブルのメリット①「ながら聴き」で時間を有効活用

作業中や料理中、ジョギング中などに「ながら聴き」で読書できる!時間を有効に使ってインプットできます。

オーディブルを使って発見したのですが、作業しながら聴いた方が集中できる。

もちろん考える仕事の時に聴いても内容入ってこないですが、何も考えなくていい単純作業の時に聴いてみましょう。聴こうとして聴いてる時以上に内容が入ってきます。なので「ながら聴き」に最適です!

スマホをジップロックに入れれば、お風呂でも「ながら聴き」できます。

ジムの時…ヨガの時…あなたのライフスタイルにあった使い方をしてインプットしましょう!

オーディブルのメリット②読書が苦手でも「聴く」ならできる

オーディブルのメリット②読書が苦手でも「聴く」ならできる

「本を読むのはめんどくさいし、苦手だな…」って人は多いですよね。

僕も大人になるまで本を読んでこなかったので、文字を読むのが苦手です。

でも聴くなら気軽にできる!目も手も使わず、耳だけで読書ができる。

速度を変えられるので「ちょっと早いな」と思ったら遅くできるし、速くもできます。

聴き慣れてる人はだいたい1.5倍~2倍の速さで聴いてる。そのぶん時間も空く。

聴くならだれでもできる!なので読書が苦手な人にこそオススメ!

オーディブルのメリット③家の本棚がいらなくなる

オーディブルのメリット③家の本棚がいらなくなる

極端な話、そんなに本を読まない人は本棚がいらなくなります。

スマホひとつで12万冊ある図書館を手に入れたようなものなので、本を持っておく必要がありません。

無料で聴けるのは12万冊ですが、有料の本も入れると40万冊もある!

活字で読みたかったり、思い入れのある本でもないなら、わざわざ家に積まなくてヨシ!

オーディブルのメリット④買うか迷った本でも気軽に試せる

オーディブルのメリット④買うか迷った本でも気軽に試せる

本は1冊1000円~2000円くらいしますよね。毎月そんな何冊も買えません。

「欲しい本」は買うけど、「ちょっと気になる本」はあきらめる…。そんなことが多かった。

でもオーディブルなら聴き放題なので、気になったら片っ端から試せます。

おサイフ気にせず、興味のままに本を聴きましょう!

オーディブルのメリット⑤知識でバッキバキになれば人生が変わる

オーディブルのメリット⑤知識でバッキバキになれば人生が変わる

知識の有無は、生死を分ける。

その昔、知識は特権階級だけのものでした。印刷技術によって本ができ、一般でも知識が得られるようになった。…けど格差があります。

「そんなに本にお金を使えない」って貧富の格差。「本読んで何になるの?」って意識の格差。

恵まれない人生を変えるには「知識を得て行動する」しかない。でも肝心な「知識」が得られなければ何も変わりません。

僕自身、ステイホームからめちゃくちゃ本読んで勉強しまくりました。そのおかげで収入も上がり、人生がガラッと変わってきています。いま現在「あれもしたい!これもしたい!」って夢だらけの毎日です。

なのでオーディブルを使って、さらに知識でバッキバキになってやろうと考えています。

むしろこうした神サービスを知らないと、使ってる人と使ってない人で新しい格差が生まれてしまう…

今知ったアナタは、まず試してみることをオススメします!何せ30日間無料で聴き放題なので↓

>>>Amazonオーディブル

【Amazonオーディブル】のデメリット3つ《読書好きの口コミはややキビシイ》

【Amazonオーディブル】のデメリット3つ《読書好きの口コミはややキビシイ》

オーディブルのデメリットは以下の3つです↓

  • 長時間再生したぶん電池は減る
  • 読みたい本が次から次へ出てきて忙しい
  • 活字慣れしてる人は「紙で読んだ方がいい」って意見も

ひとつづつ解説します!

オーディブルのデメリット①長時間再生したぶん電池は減る

スマホなどのデバイスを使うわけなので電池は減ります。

とはいえ画面操作して使うようなアプリじゃないので、他のアプリほど電池消費しません。

長時間再生する時は、電池残量を少し気にしておけば問題ないでしょう。

オーディブルのデメリット②読みたい本が次から次へ出てきて忙しい

オーディブルのデメリット②読みたい本が次から次へ出てきて忙しい

無料で聴き放題なので、「あれも聴きたい!これも聴きたい!」となります。

なのでインプットするのに忙しくなります。

テレビ、Youtube、NETFLIX…ただでさえ忙しい現代人。これ以上スキマ時間ないのでは?と思うかもしれませんが、「目」ではなく「耳」さえ空いていればインプットできるのがオーディブルのいいところ。

うまく「ながら聴き」してハマる生活スタイルをそれぞれ見つけましょう!

オーディブルのデメリット③活字慣れしてる人は「紙で読んだ方がいい」って意見も

オーディブルのデメリット③活字慣れしてる人は「紙で読んだ方がいい」って意見も

「本を読む」という行為じたいが好きな人にはオススメしません。

文字レイアウトや装丁の美しさ。紙の香りや質感。そういった「本の魅力」を味わうためのサービスじゃないからです。

オーディブルは、あくまで「聴いて楽しむ&知識をインプット」するためのもの。

なので読書体験を求める方は「合わないな…」となるかも。まぁ無料なので、気軽に一回試してみるのがいいと思います!

【Amazonオーディブル】の始め方

>>>Amazonオーディブル

始め方はカンタン!Amazonオーディブルのページを開くと上の画面になるので、「30日間の無料体験を試す」から申し込むだけ!

  • Amazonアカウントでログイン(アカウントが無ければ作る)
  • 「無料体験を試す」をポチッて登録完了
  • Audibleアプリをダウンロード(App StoreかGoogle Play)

これだけで気になった本を片っ端から聴くことができます!

無料で30日間使ったあとサービス継続しても、月1500円で読み放題!本を1冊買うより安い!なので使わないと損!

【Amazonオーディブル】オススメの本10冊

【Amazonオーディブル】オススメの本10冊

オーディブルで読んでおきたいオススメの10冊を紹介します!

  1. サピエンス全史
  2. GIVE&TAKE「与える人」こそ成功する時代
  3. 新訳 ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方
  4. オードリー・タンの本
  5. メンタリストDaiGoの本
  6. 2040年の未来予測
  7. いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン
  8. NFTの教科書
  9. 夜は短し歩けよ乙女
  10. はだか ― 谷川俊太郎詩集

オーディブルのオススメ本①サピエンス全史

人類の歴史をたどるベストセラー。ホモサピエンスとして一度は読んでおきたい本。

ただ上・下巻合わせて4000円くらいするんですよね。なかなか買えないのでオーディブルで聴いておこう。

オーディブルのオススメ本②GIVE&TAKE「与える人」こそ成功する時代

「ギブ&テイク」という人間関係の根本を理解できる一冊。

人に“与える”ことによって成功するために聴いておきたい!

オーディブルのオススメ本③新訳 ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方

「マーケティングのバイブル」とされる伝説の名著!

「物を売る」ということの本質を知る。ビジネスをやる人は読んでおきたい一冊。

SNSやウェブ関係のビジネスだけじゃなく、リアルで活かせる知識が満載。これを読んだか読んでないかで人生変わってくる。

オーディブルのオススメ本④オードリー・タンの本

“台湾の頭脳”と呼ばれる天才、オードリー・タンの本も無料で読める!

世界が注目する天才が語る未来像を聴いてみたくはありませんか?

オーディブルのオススメ本⑤メンタリストDaiGoの本

「人生をイージーモードにしたければ、人間心理を理解しておこう」

対人関係や仕事、自分の性格や人生について。何が重要で、どこに出口があるのか。

おなじみメンタリストDaiGoの本を聴くだけで、何に力を入れるべきか、何に悩まなくていいかはスッキリ再確認できます。

オーディブルのオススメ本⑥2040年の未来予測

オーディブルのオススメ本⑥2040年の未来予測

未来についての本もたくさんあるので、片っ端から聴いておくと良いでしょう。

これから先どうなっていくのか、今何が考えられているのか。

知っておくだけでこれからの人生が先取りできます!

オーディブルのオススメ本⑦いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

「ビットコイン」と聞いてまだ「怪しい」と思ってるならそれ、ヤバイです。

世界ではブロックチェーン技術によって毎日のように革命が起こっている。気づかないと次の時代に取り残されます。

現にいま、日本円の価値はどんどん下がっていて…この先どうなってしまうのか怖すぎます。

あなたの資産を守るために、初心者向けの本で少しでも学んでおきましょう!

オーディブルのオススメ本⑧NFTの教科書

流行語にもなってバズッている「NFT」の本もあります!

ちょっとカタくて難しい本ですが「NFT」に興味ある方は聴いておきましょう!

ちなみに実際に「NFT」を始めたい方はコチラにくわしくまとめています↓

>>>サルでもわかる【NFT・クリプトアート】始め方・作り方・売り方《まとめページ》

オーディブルのオススメ本⑨夜は短し歩けよ乙女

オーディブルには小説もたくさんあります!

森見登美彦さんの代表作『夜は短し歩けよ乙女』!あのボキャブラリーが音声で聴けるなんて…

小説を読んでる方でも、活字とは違った音声の世界で2度目を楽しめます!

オーディブルのオススメ本⑩はだか ― 谷川俊太郎詩集

ビジネス本だけだと頭パンパンになってくるので、たまには詩集で心洗われましょう!

国民的詩人である谷川俊太郎さんの詩集。読んでくれるのは俳優の加瀬亮さん!

何気に読み手も豪華な人が起用されてたりするので、そこらへんも贅沢!

【Amazonオーディブル】まとめ《少しずつ人生が変わるサービス》

【Amazonオーディブル】まとめ《少しずつ人生が変わるサービス》

というわけで【Amazonオーディブル】なら、いろんな本が聴けて知識がバンバン手に入ります!

1000円でパチンコして何も変わらない人生を送るのか。1000円で本を買って何か変える知識を得るのか。

選ぶのは人の自由ですが、良い人生を送りたいならどちらがいいかは決まってますよね。

無料で使えるオーディブルのようなサービスを使うか使わないかで、未来は大きく違ってくる。

日本では「1日に6分」勉強すれば大人の平均を超えます。オーディブルで6分聴くだけなら、いくら忙しくても越えられないハードルじゃないはず!

ひとまず30日の無料期間だけは使ってみることをオススメします!アナタの人生を変えてゆくきっかけになるでしょう↓

>>>Amazonオーディブル

 

このサイトの地図はコチラ↓
>>>【さいさいと】サイト案内