『VARK LIGHT STAGE(β版)』アカウント作成から始め方まで!バーチャルなステージでライブしてみよう!

「VRゴーグルひとつで、誰でもバーチャルライブができる!」

そんなサービスが、VRライブプラットフォーム『VARK』ではじまりました。

その名も『VARK LIGHT STAGE(β版)』

さっそく使ってみたので、『VARK LIGHT STAGE(β版)』の始め方をお伝えします!

『VARK LIGHT STAGE』アカウント作成から始め方まで!

VARK LIGHT STAGE

『VARK LIGHT STAGE』をはじめるには、以下の4つが必要です。

  • Oculus Quest(2)
  • VRMのアバター
  • 『VARK』のアカウント
  • 『VARK LIGHT STAGE』との連携

『VARK LIGHT STAGE』は、VRゴーグルの『Oculus Quest』もしくは『Oculus Quest2』が無いとできません。

まずは『Oculus Quest(2)』を手元に用意しましょう。

手に入れたら、それぞれひとつづつクリアしていきましょう。

VRMのアバターを作ろう

VRMアバター

まずは、VRM形式のアバターを用意しましょう。
(もうすでにあるよ!って方は、『VARK』のアカウント作成へ進みましょう)

『Vroid Studio』というソフトを使って、VRM形式のアバターを作れます。

以前に書いたこちらの記事で、『Vroid Studio』の使い方を書いています↓
>>>『cluster』でのアバターについて 作り方、アップ方法、無料配布のアバターも!

記事内の「5.『Vroid Studio』を使って、アバターを自作する」あたりからを参考にしてみてください。

ちょっと時間はかかるかもしれませんが、パーツ選びを楽しみつつ作ってみましょう。

『Vroid Studio』でアバターを作って、『VRoid Hub』にアップロードできたらOKです。

『VARK』のアカウントを作ろう

VRMアバターが用意できたら、こちらから『VARK』のアカウントを作成しましょう。↓
>>>『VARK』アカウントログイン画面

VARKのアカウント作成

下の「VARKアカウント登録フォーム」から作成・登録します。

VARKのアカウント登録

「VARKアカウント登録フォーム」を開くと、一番上に「VARK ID」の入力欄があります。

「え…持ってないんだけど…」となるかもしれませんが、ここは今からIDを決めて入力すればオッケーです。

英数字を組み合わせてIDを決め、入力しましょう。
(忘れると後で困るので、決めたらメモっておきましょう)

次。「表示名」は『VARK』内で表示される自分の名前です。

「メールアドレス」「パスワード」もそれぞれ入力して、規約を読んだら「同意して登録する」を押しましょう。

登録したメールアドレスに、確認のメールが来ます。

メール内のURLをクリックして『VARK』ページに飛べば、アカウント登録完了です!

『VARK LIGHT STAGE』と連携しよう

VARK LIGHT STAGEとの連携

あとは作ったアカウントとアバターを、こちらの『VARK LIGHT STAGE』と連携させましょう。

『Oculus Quest(2)』『VARK』アプリを立ち上げます。

こちらの「VARK LIGHT STAGEイベント開催方法」ページを見て、指示通りに行えば大丈夫です。↓
>>>VARK LIGHT STAGEイベント開催方法

連携できたら、指示に従って「リハーサル」をやってみましょう!

バーチャルなステージでライブしてみよう!

VARK LIGHT STAGEリハーサル

「リハーサル」をやってみると…いきなりステージ上に、作った自分のアバターが!動いてる!

左の表示を見て、マイク音量と楽曲の音量を調整するのですね。

VARK LIGHT STAGEリハーサル選択曲

右側を見ると、「曲リスト」に「Lemon」と「紅蓮華」がすでに入っていました。

「Lemon」でリハーサルしてみましょう。

VARK LIGHT STAGEリハーサル歌ってみた画像

正面の画面に、歌詞が表示されました。これを見ながらカラオケのように歌えるわけですね。

歌ったらどう聴こえているのか、自分には聴こえませんでしたが。

左のゲージを見れば音量バランスは調整できる、って感じでしょうか。

登録されている曲は「VARK LIGHT STAGEイベント開催方法」ページ下に一覧が載っています。

今後どんどん追加されていくようで。

ほんと「カラオケ感覚でバーチャルライブができちゃう」ってイメージですね!

で、実際イベントを作成してライブしてみました!ギターでの弾き語り実験もしてみて…その模様はコチラ↓
>>>【VARK LIGHT STAGE】イベント作成して歌ってみたレビュー!ギター弾き語り実験も!


以上、『VARK LIGHT STAGE(β版)』アカウント作成から始め方までをお伝えしました。

歌うのが好きな方は、『Oculus Quest(2)』でバーチャルライブ、ぜひやってみてください!

他、バーチャルライブなどについてはコチラ↓
>>>バーチャルで遊ぶ

最新情報をチェックしよう!
>