【VARK LIGHT STAGE】イベント作成して歌ってみた感想レビュー!ギター弾き語り実験も!

誰でもバーチャルライブができる【VARK LIGHT STAGE】

さっそくライブイベントを開催してみました!

やってみた感想をお伝えします!

ギターの弾き語りなど、実験もしてみたよ!

【VARK LIGHT STAGE】イベント作成して歌ってみた感想レビュー!

【VARK LIGHT STAGE】イベント作成して歌ってみた感想レビュー!

【VARK LIGHT STAGE】イベントを作成する

【VARK】から【VARK LIGHT STAGE】に切り替え、「イベント開催」からイベント作成しましょう。

くわしいイベント作成方法、現在の楽曲一覧はコチラ↓
>>>VARK LIGHT STAGEイベント開催方法

入力する項目は以下の通りです。

【VARK LIGHT STAGE】イベントを作成する

  • イベント名
  • イベント情報
  • 楽曲設定
  • 選択ステージ(いまのところ固定ステージです)
  • 開演開始時間

イベント作成時に知っておくといいポイント

・ライブ中は、リストから曲を選んで再生する形になります。なので、曲リストに載せる順番は気にしなくていいです。

・イベント終了時間は、自動的に2時間後に設定されます。が、もちろん2時間より早く終わっても大丈夫です。

・イベントの画像は、プロフィール写真が表示されます。【VARK】アカウントの「配信者設定」から画像を設定しましょう。

作成できたら、「イベント」から内容が反映されているかチェックしましょう。

これでイベントが作成できました。

イベントの開演時間を忘れずに!

【VARK LIGHT STAGE】イベント開催して歌ってみたレビュー!

【VARK LIGHT STAGE】イベント開催して歌ってみたレビュー!

無観客で気楽に実験してみるつもりが…

「チケット購入者63名だとっ!?」

無料イベントとはいえ、見知らぬ方々が見にきてくれるようで。【VARK LIGHT STAGE】への関心度の高さがうかがえました。

イベント開演時間になったら、「イベント開催」ボタンから入場。これでイベントがスタート!

開始してすぐにお客さんからコメントがばばばっと並ぶ。

あいさつして、1曲目の秦基博さんの『鱗』をやろうとするも…再生されず。なぜじゃー!

何回押しても再生されないので、一旦入り直し。でもやっぱ再生されない…

ためしに他の曲にしてみたら…再生された!曲によってデータが重い、みたいなのがあるんだろうか…

なんにせよ、無事ライブスタート。

リハーサルでも思ったんですが、音量バーはかんたんに上限ラインをオーバーしますね。どのくらいに合わせたらいいのかちょっとわからない。

自分のマイク音は自分で聴けないので、マイクと曲の音量バランスも「なんとなく」でやってみる。

ここはお客さんに「マイクの音量どうですか?」「オケのボリューム上げた方がいい?」など質問してチェックしてもらうのがいいかもですね。

定型コメントの「もう少し」で返してもらえば、音量バランスはある程度取れるかなと思います。

【VARK LIGHT STAGE】イベント開催して歌ってみたレビュー!2

お客さんには、この定型コメントをいろいろしていただきました!

「いえーい」
「エモい」
「WWW」

などまど。いまのところ、お客さんは定型コメントで演者にメッセージを送る感じですが…

演者側も定型コメントがどんなのあるか把握しておくと、コミュニケーション取りやすいかな、って感じですね。

他、歌ってみて「こうなったらいいな」って点は以下の通り。

  • 自分の音が聴こえるといいな
  • カラオケみたいに音程の設定できるといいな
  • ガイドメロディの有り無しを選べるようになったらいいな
  • 来場者数見れるといいな
  • お客さんが文字でコメント打てるといいな

今後、どんどん進化していくと思うので、ここらへんのアップデートに期待します!

【VARK LIGHT STAGE】ギター弾き語りの実験!

【VARK LIGHT STAGE】ギター弾き語りの実験!

せっかくなので「Oculus Quest2ひとつでギターの弾き語りはできるのか?」という実験をしてみました。

リストの曲は再生しないとはじまらないので、曲間でマイクパフォーマンスや弾き語りなどもできます。

ガットギターとアコギ、両方ためしてみた結果。

できるちゃできる。

ギターの音はうっすら拾えてる、ってぐらいの感じ。歌との音量バランスとるのはちょっと難しいですね。

Quest2から離れてるぶん、音は小さくなるわけですが。めっちゃ猫背になってギターとQuest2のキョリを縮めて演奏すれば、多少良くなるかも。笑

“立ち”でも“座り”でもやりました。コントローラを置くので、アバターが変な態勢になるのはしょうがない。

逆に「おっ、いいじゃん!」と思ったのは、鼻のスキマから楽譜などをカンニングしながらやれるとこ。笑

弾き語りする人はやってみて下さい!

案外、ピアノの弾き語りだったら、強めに弾けばいけるかもしれないです。

【VARK LIGHT STAGE】アルトデウスBCの曲を歌ってみた

VRで見に来た方が多かったので、アルトデウスBCの曲を歌ってみました。

コーコちゃんが歌ってるやつ。英語の歌詞、何回も聴いて覚えたんです。

アカペラでワンコーラスだけ歌ったんですが、ゲームプレイ済みの方々にウケました!

「アルトデウス、最高だったよーって人は“最高!”ってコメントしてみて下さい!」と呼びかけたら、4人くらい“最高!”ってコメントくれた。笑

これは楽しかった。VR民のみなさん、優しい。

まとめ【VARK LIGHT STAGE】結果、楽しいです

まとめ【VARK LIGHT STAGE】結果、楽しいです

退場ボタンで、イベントは終了となります。

一回やってみよう、ってことでイベント開催してみたんですが…

こんなに見知らぬ誰かが見に来てくれるとは。

花束のギフトももらえた!ありがとう。泣

やってみてわかったんですが、リストの曲を一回歌っても、選んで再生すればもう一回歌えるんですね。

「アンコール!」などにも応えられる感じです。

選べる曲も今後どんどん増えてくでしょうし。どんどん進化してったら面白いなーって感じでした!

なんにせよ、VRゴーグルひとつでバーチャルライブすぐにできちゃうってすごいですよね。


以上、【VARK LIGHT STAGE】イベント作成して歌ってみたレビューでした!

歌好きでOculus Quest(2)を持ってる方は、ぜひ気軽にイベントやってみてください!

【VARK LIGHT STAGE】の始め方はコチラ↓
>>>【VARK LIGHT STAGE】アカウント作成から始め方まで!バーチャルなステージでライブしてみよう!

このサイトの地図はコチラ↓
>>>【さいさいと】サイトマップ

最新情報をチェックしよう!
>