【NFT】OpenSeaでガス代がかかるのはいつ?《かかるタイミングと安い時間帯がわかる》

「OpenSeaってめちゃくちゃガス代かかるなぁ!どのタイミングでかかるのか全然わからない」

というアナタへ。OpenSeaでガス代がかかるタイミングと、安い時間帯をお教えします!

ガス代で損しないよう、くわしく知っておきましょう!

さい
NFTを作って売ってる僕が教えるよ!

【NFT】OpenSeaでガス代がかかるのはいつ?

【NFT】OpenSeaでガス代がかかるのはいつ?

ガス代がかかるタイミングを知らずにばんばん取引をしてると、あっという間にETHがなくなります!

「その分を節約していればMAC BOOKが買えたのに…」なんて額になりかねない…

作品を出品する側も、買う側も、かかるタイミングを知っておきましょう!

NFTを作る側がかかるタイミング

ETHで出品する時にガス代がかかります↓

  • 初出品する時(作るぶんにはかかりません。出品する時にかかります)
  • 作品を誰かに送る時
  • 「買いたい」ってオファーを受ける時
  • 「Freeze metadata」でIPFSにする時

「IPFS」というのは、「ネット上で分散的に保存して、消えたりしないようにする形式」くらいに覚えておけばいいです。

「IPFS」についてくわしく知りたい方は以下の記事にまとめています↓

>>>【NFTアート】村上隆が出品を取り下げたのはなぜ!?《わかりやすく解説》

ETH出品でかかるガス代はこんな感じです。

Polygonの場合は、出品も、送るのも「IPFS」にするのもガス代かかりません。

NFTを買う側がかかるタイミング

買う側がガス代かかるのは、以下のタイミングです↓

  • ETH作品を買う時
  • ETHをWETHに変換する時
  • ETHをPolygonに変換する時
  • 「買いたい」って出したオファーをキャンセルする時

NFTを買ってみようとした時、「へ?WETH(ラップドイーサ)って何ですか?」ってなるかと思います。

ここらへんややこしいんですが、ETHをいったんWETHに変換しないと買えないんです。

Openseaの指示にしたがって、ガス代を払ってWETHに変換する必要があります。

くわしくはコチラを参考にしましょう↓

>>>ETHからWETH変換、どこが最安か問題

ガス代が安くなるのはいつ?

ガス代についてくわしく理解しておきたい方は、一度こちらの動画を見ておくといいです↑

ガス代は、時間帯や曜日によって変動します。

なので、なるべく安い時を狙って払うのがいいです。ちょくちょくやってみて安くなってるタイミングを狙いましょう。

こちらの記事でも書きましたが、比較的安いのは「朝の時間帯と、土日」です↓

>>>【NFT・クリプトアート】安く出品して販売する方法!《NFTアートを販売しよう》

いま使ってる感じだと、0.004~0.005ETHくらいのガス代なら安いかなーって感じです。

OpenSeaでのガス代 まとめ

ETH出品だと、いろんなタイミングでガス代かかるのがわかりましたね。

「じゃあガス代かからないPolygonで良くない?」と思うかもしれませんが、いろいろ問題があるんです。

コレクター側からすると「ETHでの出品じゃないとNFTとしての価値が認められない」って感じなので。

ちゃんとしたNFTクリエイターを目指すならETHで出品しなければなりません。

くわしくはコチラにまとめています↓

>>>ガス代いらず!OpenseaのPolygon出品・購入の方法《ブリッジがわかる》

OpenSeaでのガス代 まとめ

今後、イーサリアムの進化によってガス代も下がってゆくかもしれません。

ですが、NFTクリエイターなら今のガス代が高いうちに作品を出しておくのがオススメです。

なぜなら、そのハードルを越えることが作品の価値になるかもしれないからです。

誰でも使えるようになって、ガス代いらずになった時。作品はゴマンをとあふれかえるでしょう。

でも今、高いガス代を払って取引されているのは「挑戦者たちの作品」です。

これらはNFTの黎明期を支えた作品として、ブロックチェーンに刻まれることになるでしょう。


他、【NFT・クリプトアート】についてはコチラにまとめています↓
>>>サルでもわかる【NFT・クリプトアート】始め方・作り方・売り方《まとめページ》

僕も絵を描くので、クリプトアートを作って出品しています↓
>>>【絵描きをやる意味】考えて、美しいものをものをみつける《絵描きの自己紹介ページ》

最新情報をチェックしよう!