ガス代いらず!OpenseaのPolygon出品・購入の方法《ブリッジがわかる》

「NFT作品を作ってみたい!」もしくは「作ってるんだけど、ガス代が高すぎ!」という方へ!

Polygonでの出品・購入の方法をお伝えします!

Polygonでの出品なら、ガス代がかからず購入や送付することができるようになります。

無料でNFTを配布したい場合などにも使えますよ!

ガス代いらず!OpenseaのPolygon出品・購入の方法《ブリッジがわかる》

ガス代いらず!OpenseaのPolygon出品・購入の方法《ブリッジがわかる》

そもそも「NFTって何?」「Openseaって何?」って方は、以下を読んでから出品しましょう。わかってる方はとばして下さい。

NFTについて↓

>>>超カンタンに【NFT】とは何か?コピーできないデジタルデータです!《誰でも一点モノが作れる》

Openseaについて↓

>>>サルでもわかる『OpenSea』の出品方法!《初心者がNFTを売り始めるならコレ》

で、このOpenseaでNFTを扱う時、イーサリアムのブロックチェーン利用料として「ガス代」がかかるんですよね。

「ガス代」がかかるのは以下の通り↓

  • 初めて出品する時
  • 「NFTをこの値段で買いたい!」というオファーする時・受ける時
  • NFTを買う時
  • NFTを送る時

こうした時にガス代がかかるし、しかも高い!

なので、この問題を解決するために「Polygon」(元・MATIC)というブロックチェーンが用意されました。

「Polygon」を使えば「ガス代」かからずにNFTを変えたり、送ったりすることができる。

なので、「NFTちょっと試してみたいな…」って方にはいいわけです。

PolygonでNFTを出品する方法

PolygonでNFTを出品する方法

ざっくり流れを言うと、

下準備→Polygonを追加→ETHをPolygonへ送る。という流れになります。

出品するまでの下準備は、以下にまとめてありますので済ませましょう↓

>>>サルでもわかる【クリプトアート】の作り方《簡単にNFTアートを作ってみよう!》

Polygonで出品すること自体は、カンタンです。

出品時に使用するチェーンを「Ethereum」ではなく「Polygon」を選べばいいだけ!

これでPolygon出品はできます。(後からEthereumにすることはできません)

PolygonでNFTを購入するには「MATIC」が必要

問題は、PolygonのNFTを買ったり送ったりする時ですよね。「MATIC」という通貨が必要になるんです。

なのでPolygonでの取引ができるよう、Polygonネットワークを追加していきます!

準備したMetamaskウォレットを見てみましょう。「イーサリアムメインネット」になっていますね。

PolygonでNFTを購入するには「MATIC」が必要

ポチると、いろいろなネットワークが出てきます。一番下にある「カスタムRPC」を選びましょう。

PolygonでNFTを購入するには「MATIC」が必要2

そうすると記入項目が出てきます。以下のように記入しましょう↓

PolygonでNFTを購入するには「MATIC」が必要3

  • ネットワーク名 Matic Mainnet
  • 新規RPC URL https://rpc-mainnet.maticvigil.com/
  • チェーンID 137
  • 通貨記号(オプション) MATIC
  • ブロックエクスプローラーのURL(オプション) https://explorer.matic.network/

記入して「保存」すれば、「Matic Mainnet」が追加されます。カンタンですね!

で、お買い物をするにはある程度のMATICが必要です。

そこで、「イーサリアムメインネット」から「Matic Mainnet」へ送金する必要があります。
(ネットワークからネットワークへ送金することを「ブリッジ」といいます)

「Matic Mainnet」はまだ選択せず、「イーサリアムメインネット」のままにしておいてください。

で、コチラのページを新しいタブで開きましょう↓

>>>Polygon

開いたら「Polygon Bridge」を選択。で「Metamask」を選択。

自分のウォレットが表示されるので「次へ」→「接続」→「署名」で、ウォレット接続できました。

ブリッジする

ブリッジする

で、このページで「$Poolz Finance」を「Ether」に変更します。送りたい金額(ETH)を入力して、「Transfer」→「Continue」。

すると、「送るのにこれだけガス代がかかりますよー」とアメリカドルで表示されます。

そうなんです!ブリッジするのにもガス代がかかってしまう!なので、キャンセルしたり再び「Transfer」してみたり、ガス代の安い時を狙いましょう。

おそらく朝と土日が安いと思いますが、ガス代の変動についてはコチラにくわしく書いています。↓

>>>【NFT・クリプトアート】安く出品して販売する方法!《NFTアートを販売しよう》

送ったら8分ほど待って、「Matic Mainnet」にしてみましょう。

「Matic Mainnet」にMATICが送れていれば完了!これでPolygonチェーンでガス代かからずお買い物ができます!

Polygon出品で知っておきたいポイント

「ガス代かからないんだから、イーサリアムじゃなくPolygonで良くね?」と思うかもしれませんが、いろいろ問題があります。

以下の3点は覚えておきましょう↓

  • オークション形式での出品はできない
  • イーサリアムでの出品じゃないと作品として認められづらい
  • Polygonからまたイーサリアムに戻さないと取引所に送れなかったり、使いづらい

オークション形式での出品はできない

これはそれほど問題にはならないですが、Polygon出品だとオークション販売はできません。覚えておきましょう。

イーサリアムでの出品じゃないと作品として認められづらい

NFTコレクターからすると「イーサリアムでの出品じゃないと価値が認められない」のです。

なので、本気でやる方はどっちみちイーサリアムで出品することになります。

Polygonはあくまで「お試し」、というポジションなのを覚えておきましょう。

Polygonからまたイーサリアムに戻さないと取引所に送れなかったり、使いづらい

これは注意しないといけないのですが、Polygonで作品が売れた場合、Polygon上での売り上げになります。

これをそのまま取引所のアドレスに送ると、消えてなくなってしまいます。

なので、Polygonからイーサリアムのチェーンにブリッジしてから送らないといけないのです。

ここらへんはややこしいので、「Polygonで売って稼ごう」っていうのはあまり現実的じゃないと思います。

OpenseaでのPolygon利用まとめ

OpenseaでのPolygon利用まとめ

Polygon利用をまとめると、

  • お試しで使う分にはいい
  • NFTを送ったり購入したりするのはガス代かからず便利
  • ただ、NFT作品としての価値はビミョー
  • いろいろややこしくて使いづらい
  • 本気でNFTに取り組む人は、イーサリアムで出品しましょう

って感じです。こうしてみると「イマイチ使う必要ないかな」って思うかもしれませんが、ちょっと待ってください!

使い方しだいでは面白いかもしれませんよ。

というのも、TwitterでNFTをプレゼントする「Giveaway企画」なんかをやる時は、ガス代がかからない方がやりやすいわけで。

ガス代いらずなPolygonだったら、「1000名の方へプレゼント!」とかもできちゃうわけで。

知名度を広げるために、バンバンGiveawayしてみる!っていう使い方もできるかと思います!

本気の作品はイーサリアムで出すとして…Polygonチェーンをどう上手く使うかは、あなた次第です!


他、【NFT・クリプトアート】についてはコチラにまとめています↓
>>>サルでもわかる【NFT・クリプトアート】始め方・作り方・売り方《まとめページ》

僕も絵を描くので、クリプトアートを作って出品しています↓
>>>【絵描きをやる意味】考えて、美しいものをものをみつける《絵描きの自己紹介ページ》

最新情報をチェックしよう!