【Oculus Quest2】100均(ダイソー)のモノで、カウンターウェイトを自作できる!

「ゴーグルの重みが前にきて、なんかしっくりこない!」

Oculus Quest2】を使って、こう思ったことはありませんか?

そんなアナタに!重さが顔面にかからないようにする“カウンターウェイト”!

100均(ダイソー)のモノを使って自作する方法をお教えします!

【Oculus Quest2】100均(ダイソー)のモノで、カウンターウェイトを自作できる!

【Oculus Quest2】100均(ダイソー)のモノで、カウンターウェイトを自作できる!

さい
写真のサイケ頭くんは、ただのVRスタッフだよ!気にしないでね!

【Oculus Quest2】をかぶると、ゴーグルの重みが頭の前の方にかかりますよね。

かぶっていると、「頬の骨あたりが痛くなってきた」みたいなことが起こります。

メカ部分が前面にくるわけなので、そうなりますよね!

そこで!頭の後ろの方に、カウンターウェイト(重み)を付けましょう!

【Oculus Quest2】100均(ダイソー)でサンドウェイトを買ってくる

【Oculus Quest2】100均(ダイソー)でサンドウェイトを買ってくる

お近くの100均ショップに入って、材料を買ってきましょう。この2つ。

  • サンドウェイト(150円~200円)
  • ケーブルタイ(100円)

僕はダイソーで買いましたが、他の100均ショップでも似たような商品があるはずです。

サンドウェイトは、重い砂のが入ってる、手首に巻くやつです。

2種類あったので、僕は2つとも買ってみました。

ケーブルタイは、ケーブルなどをまとめるようのマジックテープです。

いろいろ種類がありますが、お好みで大丈夫です。

【Oculus Quest2】カウンターウェイトを自作する

【Oculus Quest2】カウンターウェイトを自作する1

材料を用意したら、【Oculus Quest2】のゴムバンドに付けましょう。

サンドウェイトと【Oculus Quest2】をケーブルタイで留めるだけです。

【Oculus Quest2】カウンターウェイトを自作する2

これでかぶってみると、カウンターウェイトとなって頬への重みがやわらぎました。

「重量を追加するなんて、頭が重くなって大変にならない?」

と思うかもしれませんが、全体の重さは気にならないです。前後の重量バランスの方が大事。

1つ付けてもまだ重かったら、サンドウェイトを2つ付けてもいいです。

【Oculus Quest2】カウンターウェイトを自作する3

そうすると前後の重量バランスは良くなったんですが…ちょっと後頭部側が「なんか付いてるな」って感じがあります。

なので、1つだけでいいかなと思います。

ちなみに、Oculus Quest1でも同じように付けれます。そしてEliteストラップにも付けることができます。

Eliteストラップについてはこちらでまとめています↓
>>>Oculus Quest2のアクセサリ【フィットパック】と【Elite ストラップ】を使うと、こう違う!

カウンターウェイトがいらなくなっても、無駄にならない

カウンターウェイトを付けて、「やっぱりジャマだな」と思ったら。

サンドウェイトをフツーに手首に付けてVRゲームを楽しみましょう。

【Beat Saber】や、【ソードオブガルガンチュア】

ウェイトを付けながらウデを振って遊べば、いつもより運動になります!

【Oculus Quest2】ケースは100均のモノで代用できる?

100均にはケースもいろいろありますよね。

なので、【Oculus Quest2】を持ち運ぶ用のケースも代用できるんじゃないか?ってことで。

100均で売ってる200~300円くらいのプラスチックケースならちょうど収まります。が…

精密機械ですので、お金に余裕があれば純正品ケースをオススメします。


以上、【Oculus Quest2】のカウンターウェイトを100均のモノで作る、をお伝えしました!

他、Oculus Quest2についてはこちらにまとめています↓
>>>【Oculus Quest2】 できること、まとめページ

最新情報をチェックしよう!
>