ハードウェアウォレット【Ledger Nano(レジャーナノ)】初期設定のやり方

ハードウェアウォレット【Ledger Nano(レジャーナノ)】初期設定のやり方《NFTの保管に必須》

ハードウェアウォレット【Ledger Nano(レジャーナノ)】初期設定のやり方

「【Ledger Nano(レジャーナノ)】を買ったから、使えるようにしたい!」

そんなアナタへ。ハードウェアウォレット【レジャーナノ】シリーズの初期設定方法をまとめました!

この記事では以下のことがわかります↓

  • レジャーナノシリーズ初期設定の手順
  • ピンコードについて
  • アプリについて
  • アップデートについて
  • レジャーライブとは?操作方法

【レジャーナノ】を使えるようにして、安全にNFT&コインを保管しましょう!

さい
コイン&NFT保管歴2年目の僕がお伝えするよ!
ちなみに新しい【レジャーナノSプラス】の初期設定もコチラにまとめています↓


ハードウェアウォレット【Ledger Nano(レジャーナノ)】初期設定のやり方

ハードウェアウォレット【Ledger Nano(レジャーナノ)】初期設定のやり方

【レジャーナノ】シリーズ(X,S,S PLUS)初期設定のやり方は、どれもほぼ同じです。

なのでここでは【レジャーナノS】で説明します。【レジャーナノS PLUS】についても後ほど動画で補足します。

初期設定は以下、7つ手順です↓

  1. 開封~内容品チェック
  2. アプリ『Ledger Live』のダウンロード
  3. 接続~ボタン操作
  4. ピンコードの入力《忘れないよう注意》
  5. リカバリーフレーズをメモ
  6. アップデート~アプリのインストール
  7. アカウントの追加

ひとつづつやっていきましょう!

【レジャーナノ初期設定】①開封~内容品チェック

【レジャーナノの初期設定】①開封~内容品チェック

買ったレジャーナノが届いたら開けて初期設定していきましょう!

いちおう未開封かチェック!しっかりフィルムで包装されていますね。

箱を開けると入ってるモノは以下の通り↓

  • レジャーナノ本体
  • 付属品4つ(ケーブル、リング、小ストラップ、首かけストラップ)
  • 紙類(「Did you notice?」と「Recovery sheet」の紙)

「Did you notice?」の紙は、「安全ですよー」って内容が書いてあるだけです。「Recovery sheet」は、リカバリーパスフレーズをメモする用の紙です。

箱の他に、フィルムに貼られた紙にはシリアル番号があります。QRコードからオーナー登録しましょう。(アップデート情報やサポートなど受けられます)

【レジャーナノ初期設定】②アプリ『Ledger Live』のダウンロード

それでは設定していきましょう。

先に、設定するためのアプリ「Ledger Live」をダウンロードした方がスムーズにできます↓

>>>Ledger Live

「Downloads the app(アプリをダウンロード)」をポチッ

【レジャーナノ初期設定】②アプリ『Ledger Live』のダウンロード

デスクトップ(PC)かモバイルか選んでダウンロード。(Windows/Mac/Linuxなど、ご自身に合わせて選びましょう)

ダウンロードしたファイルをインストールします。完了したら「Ledger Live」を開きましょう。

Ledger Live

まずは設定するデバイスを選びます。

設定するデバイス

そして「始めましょう!」を押して、設定を始める画面にしておきます。初期設定の手順が表示されるので、見ながらやりましょう。

【レジャーナノ初期設定】③接続~ボタン操作

【レジャーナノ初期設定】③接続

あとは接続し、画面に従って以下の手順をやってくだけです↓

まず、ケーブルでPCとレジャーナノをつなぎます。するとレジャーナノの画面に「Welcome」と表示されます。

その後、「Press both buttons to begin」(両方のボタンを押して)と表示されるので、上のボタンを2つ同時に押しましょう。

【レジャーナノ初期設定】③接続~ボタン操作3

何やら英語で説明されますが、「レジャーナノはボタンで操作していきます」ってだけの内容です。もう一回、ボタンを2つ同時に押しましょう。

推して手をはなすと、「Configure as new device?」(新しいデバイスを確認しますか?)と表示されます。

【レジャーナノ初期設定】③接続3

左のボタンが「×」で右のボタンが「✓」なので右のボタンを押して進みましょう。

【レジャーナノ初期設定】④ピンコードの入力《忘れないよう注意》

【レジャーナノ初期設定】④ピンコードの入力《忘れないよう注意》

次に「PINコード」の設定になります。これはレジャーナノを使う時の暗証番号です。

両方のボタンを押すと、数字入力画面へ。

【レジャーナノ初期設定】④ピンコードの入力《忘れないよう注意》2

左ボタンがマイナス、右ボタンがプラスで数字を決めます。決定する時は同時押し。戻りたければ「10」にするとひとつ戻れます。

カンタンすぎないものにした上で、忘れないようにメモ!PINコードを決めたら同時押しで次へ。

確認でもう一回同じPINコードを入力しましょう。

【レジャーナノ初期設定】⑤リカバリーフレーズをメモ

【レジャーナノ初期設定】⑤リカバリーフレーズをメモ

次へ進むと、出ましたリカバリーフレーズ!紛失したり、故障した時に必要なやつです。

ボタンを押しながら、紙にフレーズをメモしていきましょう。「Word #1」~「Word #24」まであります。

進むと、リカバリーフレーズの確認となります。順番通りに単語を選んでいきましょう。

【レジャーナノ初期設定】⑤リカバリーフレーズをメモ2

文字は小さいし、めんどくさいですが頑張って!!(文字が小さすぎてご年配の方は読めるのかコレ?)

確認が終わったら、「Prosessing…」となって「Your device is now ready」(あなたのデバイスは準備できました!)と表示されます。

【レジャーナノ初期設定】⑥アップデート~アプリのインストール

【レジャーナノ初期設定】⑥アップデート~アプリのインストール

完了したら、「Ledger Live」で3つの簡単なクイズがあります。答えましょう。

合格したらデバイスが正規品か、チェックがあります。レジャーナノのボタンを押しましょう。

あとは初めてならアカウントを追加するんですが、「アカウントを追加」ではなく“「管理」に移動してアプリをインストール”をクリック。

【レジャーナノ初期設定】⑥アップデート~アプリのインストール2

「ファームウェアのアップデート」があればやっておきます。(なければとばして下さい)

アップデートでいったんケーブルを抜き、左のボタンを押しながらさし直します。ここ、なんかうまいこと行かなかったので僕は何回かやり直しました

「何分もボタン押してなきゃいけないのか?」と思ったんですが、うまく接続されていればすぐに画面切りかわってアップデートされました。

アップデートできたら、「Bitcoin」や「Ethereum」など保管したい通貨のアプリをインストールします。

【レジャーナノ初期設定】⑥アプリのインストール

【レジャーナノ初期設定】⑦アカウントの追加

【レジャーナノ初期設定】⑦アカウントの追加

インストールしたらやっと「アカウントを追加」ができるようになります。

【レジャーナノ初期設定】⑦アカウントの追加2

追加した通貨のアプリごとにアカウントを追加していきましょう。

【レジャーナノ初期設定】⑦アカウントの追加3

アカウントが追加されました!

【レジャーナノ初期設定】⑦アカウントの追加4

これで初期設定は完了です!お疲れ様でした!

もしわからない部分があったら、正規代理店の「Ledger Live 設定方法」も参考にしましょう↓

>>>Ledger Live 設定方法

新製品【Ledger Nano S PLUS】の初期設定《動画》

新しい【レジャーナノSプラス】の設定もほぼ同じです。コチラにまとめています↓

参考までに動画も貼っておきます↓

【NFTの金庫!】最新ハードウェアウォレットLedger Nano S Plus(レジャーナノSプラス)の初期設定

【レジャーナノの初期設定】まとめ

初期設定をするだけで、30分どころか1時間以上かかるんじゃないでしょうか。

初めてのことだらけで、けっこう大変ですよね。

やっと初期設定が終わったところですが…使わないと意味ないので、引き続き「レジャーナノの使い方」についてお伝えします!

初期設定に比べると、使い方はかなり簡単!サクッとやっちゃいましょう↓

>>>簡単【Ledger Nano(レジャーナノ)】の使い方《Ledger Liveで受取・送金》

さらにハードウェアウォレットについてくわしく知る↓
>>>【NFTの安全な保管に必須】ハードウェアウォレットで資産を守ろう!《徹底解説》