オススメAR映画【ブレードランナー2049】批評

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』という素敵なタイトルの原作をもとにした映画!

SF映画の名作『ブレードランナー』の続編、『ブレードランナー2049』をレビューします!

【ブレードランナー2049】作品のあらすじ(ネタバレなし)

2049年の近未来。

“レプリカント”と呼ばれるアンドロイドたちが人間に使役していた。

旧型のレプリカント達には寿命があったが、寿命に制限のない新型が製造されるようになっていた。

新型レプリカントの“K”は、旧型レプリカントを始末する任務を請け負う“ブレードランナー”だった。

ある日、Kは逃亡中のレプリカントを始末するが、そこで謎のトランクを発見する。その中身は遺骨だった。

調べてもらうと、その遺骨はレプリカントで、出産のあとがあった。これは前代未聞のことだ。

Kは上司に、子供の行方を捜し出して処分するよう指示される。

そうしてKの追跡がはじまるのだった。

【ブレードランナー2049】映画レビュー(ネタバレあり)

この映画は前作の『ブレードランナー』を見てないとじっくり味わえない話です。

なので前作を観たものとしてレビューします。観てない方はコチラ↓

前作『ブレードランナー』では、“レプリカント”と呼ばれるアンドロイドが人間たちへの反乱を起こしました。

ですが、彼らにも人間と同じように、悩みや詩情、美しい心がある。ということがわかるお話でした。

前作ではレプリカントを始末しようとする「ブレードランナー」は人間でしたが、今作での「ブレードランナー」は新型のレプリカントです。

その二人が出会うことになるわけですが、そこに25年越しのドラマがあるというか…。現実世界の時間経過を巻き込んだ感慨が生み出されます。

前作からのキャラ描写も活かしたストーリー展開。心地良い重みがあります。

ちょっと長めな間の撮り方。水を使った映像の美しさ。これらはロシアのタルコフスキー映画からの影響が明らかです。

かなり映像美を意識して作られるな、という画面。前作のように、人々が猥雑に生活してる感じはありませんでしたが、ストーリーの雰囲気にマッチしています。

主人公のKが最初から最後まで可哀想。孤独な人間には共鳴できるキャラです。

ラストなんかは、雨から雪へ…活動停止して液体から固体になってく感じ…。

映像と相まって、切なくはかなく。美しい最後でした。

今作の『ブレードランナー2049』をレビューするにあたって、前作『ブレードランナー』も見直したのですが。

シリーズのテーマがよりくっきり理解できました。

前作今作どちらも、アンドロイドがアイデンティティを求めてさまよう話です。

本来、人間が持つはずの人間性と、アンドロイドが持つはずの合理性がこの映画では逆転しています。
(“人間の理想”としての話だから、「本来から人間ってそーゆーもんだよ」っていうのナシね。わかってるけどさっ。笑)

アンドロイドが、どこまでも人間的です。

不合理な行動まで犯して人間を助ける。っていう。

テーマも内容も一貫していて、前作ファンも納得の新作だったんじゃあないかと。。

文句があったとしても「和風屋台出せよ!」とかそのくらいでしょうか?笑

人間性を無視される現代人の話として、自己投影もしやすいお話ですね。

前作の方は時代からして、そういうメッセージ性を受け取った方が多かったんじゃないでしょうか。

今の時代でもそのへんは変わりませんね。

ストーリーの心地良い重みが、胸に残ります。

VR映画として見る

なんといっても、AIとVR/ARによるバーチャル彼女『ジョイ』ちゃんが見どころです。

感情や意志も持っているAI。

ホログラムだったり感触があったり、するうえに、現実の女性に憑依(シンクロ)もできます!

毎晩疲れて帰ると、「あなたは特別な存在よ」とか褒めちぎってくれて、ご主人様に奉仕しつくす…。

VR界の日本最重要人物GOROmanさんも、著書で「全員が秘書を持つようになる」と言っていたし。(『ミライをつくろう』GOROman著)↓

その先には『ジョイ』ちゃんみたいな存在が。っていうのはかなりイメージできる未来ですね。


以上、VR映画【ブレードランナー2049】の映画レビューでした。

バーチャル彼女『ジョイ』ちゃんを見るのも楽しいですが、重厚なストーリーで観終わった後も胸に残る映画です。

「今日はどっぷり映画の世界にひたるぞっ!」て時には…
【ブレードランナー】から【ブレードランナー2049】。
観るのもいいんじゃないでしょうか!

他、レビューしたVRアニメ・バーチャルな映画はコチラ↓
>>>VRアニメ・バーチャルな映画

最新情報をチェックしよう!
>