【REALITY】アプリの配信で、ライブフェスをやってみた!

「音楽やって何になるの?」

と、【さい】も言われたことがあります。

そんな愚問への答えはこうです。

「美しさに心ふるえないのなら、人生に生きる価値はあるんですか?」

そのものこそが“”というやつなのに、根本からしてズレてやがる…

ざわ…ざわ…

【REALITY】アプリの配信で、ライブフェスをやってみた!

【REALITY】アプリの配信で、ライブフェスをやってみた!

すみません、アタマからコーフンしてしまいました。

音楽好きなら、音楽を聴いて、魔法にかけられたことはありますよね。

僕らは、あのきらめく瞬間を知っています。

音楽ファンたちは皆それぞれに、鉱脈を発見したかのような興奮と、めくるめく体験をしてきております。

それを受け取ることのできる、素晴らしい感覚を培っていたのです。

しかもそれだけでは飽き足らず、自らの手でその魔法を生みだそうという挑戦者までいます。

僕はこういった、真っ当で、豊かな人々を、嫌いになれるわけがありません。

 

だいぶ個人的な感情が入りましたが…。

そんな音楽ファンが集まるイベントを、スマホアプリ【REALITY】内でやりました!

前の、東京がロックダウンした時期に。フェスを模した企画『おうちフェス』をやりました。

今回はその第2回!『おうちフェス’夏』

コロナ第2波の中、世間は祝日含む4連休でした。

「こんな時は、おうちで音楽やって楽しもう!」というわけで。

リモート化が進み、アーティストのバーチャルライブも増えてきていて。

「簡易的すぎるだろうか…」という迷いもあったんですが、蓋を開けてみれば密、密、密。

たくさんの人に来ていただきました。

入室者数なんと約1800。大バコ、もしくはホントちょっとしたフェスの規模!

やはりバーチャルだと、「人前に出て演奏する」までのハードルが圧倒的に低いですね。

「ステージに出たい」というだけですぐ出れる。

場所の移動が必要ない、場所の確保も、設営も必要ない。

スタッフもマニュアルも必要ない。

楽器も人も、家にあるまま。身だしなみも整えなくていい。

予約やチケットも必要ない。出入り自由。

例えばリアルな女子高生が「カラオケ大会やろーぜ、知らない友達も来てオッケー!」とやったところで、十数人が限度でしょう。

見知らぬ人々が、1000人以上も出たり入ったり。

入れ替わり立ち代わり歌ってく、なんてことは考えられないわけで。

【REALITY】アプリの配信で、ライブフェスをやってみた!2

あげくの果てに、【SYNCROOM】(遠隔セッションアプリ)を使った5人同時演奏。

完全なバンド演奏までやってしまえるという…。スゴイ…!

【REALITY】バーチャルフェスという不思議な空間

【REALITY】バーチャルフェスという不思議な空間

リアルな姿を見たことはないけれど、知ってる人も、はじめましての人も。

バーチャルなアバターをまとって、こんなに気軽に人前で歌ったり演奏したりできるなんて。

J-POP歌う人も、アニソン歌う人も。クラシックな人も、ジャズな人も。

それぞれが、きらめくような音楽体験をして、今このバーチャルステージで演奏している。

不思議なめぐり合わせですね。

バーチャルだとこんな未体験ゾーンがあるんだなぁと、改めて感じさせられました。

これから、バーチャル空間に没入しての音楽企画も増えていきそうですし。やってみよう!


以上、【REALITY】アプリの配信で、ライブフェスをやってみた話をお伝えしました!

フェスの他にも、バーチャルでライヴハウスやってみたり↓
>>>【REALITY】アプリの配信で、音楽をやる!《コラボやネット上のセッションもできる!》

地獄のバ美肉イベントなんかもやってみました!↓
>>>バ美肉アプリ【REALITY】を使って、バ美肉おじさん達の気持ち悪い地獄イベントやってみた!

他、【REALITY】についてのまとめページはコチラ↓
>>>【REALITY】アプリの始め方から使い方、配信のコツまで完全ガイド!

 

このサイトの地図はコチラ↓
>>>【さいさいと】サイトマップ

最新情報をチェックしよう!