NFTアートの売り方

【NFTアートの売り方】初心者でも簡単に売って稼ぐ方法《完全解説》

NFTアートの売り方

誰でも簡単に「デジタル作品の所有権」を発行できる『NFT』!あなたも簡単に「唯一のデジタル作品」にして『NFTアート』が作れちゃいます!

「自分もNFTアートを売ってみたい!」というあなたへ。NFTの始め方〜売り方までをわかりやすくお伝えします!簡単だけどいちばん王道な方法です!

売り出すだけで売れるものじゃないので、売り出した後の販売戦略と宣伝場所についてもサポートします!

さい
NFT2年目!売り上げ58万円を超えた僕がお伝えするよ!

【NFTアートの売り方】初心者でも簡単に売って稼ぐ方法

【NFTアートの売り方】初心者でも簡単に売って稼ぐ方法《完全解説》

NFTアートは暗号資産で売買されるので、まずは暗号資産が必要!

暗号資産を手に入れるには、日本の暗号資産取引所で買うのが一番カンタンです。

「暗号資産はビットフライヤー」「暗号資産はコインチェック」といったCMをあなたも見たことがあるんじゃないでしょうか。ビットフライヤーやコインチェックは大手の暗号資産取引所です。

さい
口座開設すれば誰でも暗号資産を売買できるってワケ!

NFTアートで使うのは『イーサリアム(ETH)』という暗号資産が中心です。ビットコインの次に有名なので、どの取引所でも取り扱っています。

まずは暗号資産を手に入れるため、お好きな取引所で口座開設しましょう↓

>>>bitFlyer

>>>コインチェック

コインチェック

口座開設は指示にしたがっていけば簡単にできますが、もし難しかったら以下を参考にしましょう↓

>>>【ビットフライヤー(bitFlyer)】の口座を7分で開設する方法《開設~入金~購入~送金まで》

>>>【コインチェック】の口座を5分で開設する方法《開設~入金~購入~送金まで》

口座開設できたらNFTを作ってみよう

口座開設できたらNFTを作ってみよう

口座開設できたら『イーサリアム(ETH)』を買って準備していきましょう!

流れはざっくり以下の3つ↓

  1. ETHを買う
  2. お財布を準備してETHを送る
  3. お財布をNFTマーケット『Opensea』とつなぐ

はじめてだと難しいかもしれませんが、コチラの手順通りにやればできます↓

>>>サルでもわかる【NFTアート】の作り方《3つの手順で初心者でも簡単に始められる!》

NFTを買って売る方法もある

NFTを買って売る方法もある

NFTを作らなくても、誰かの作品を買って転売して利益を得ることもできます!

「転売」と聞くと悪いイメージがあるかもしれませんが、出品者は転売されるたびに何%かもらえるよう設定している人がほとんどです。

「転売」されるたびに作者にチャリンチャリン還元されるのがNFT売買のいいところ!

さい
出品者としては、むしろ転売された方がうれしかったりするよ!

NFTのトレードをするには、作品を買えるだけの暗号資産『イーサリアム』を用意しておきましょう。

NFTを買いつけて、値上がりしたら売る。トレードで稼いでる人もけっこういます。

値上がりしそうなNFT情報を仕入れてチャレンジしてみるのも良いでしょう!

NFTを売り出す

NFTを売り出す

NFTを作ったら次は出品・販売をしていきましょう!

出品する時に手数料として『ETH』を支払います。この時のために準備してきたワケです↓

>>>あなたが作った【クリプトアート】を、安く出品する方法!《NFTアートを販売しよう》

「ガス代」と呼ばれる手数料を払って出品できたら、あなたもNFTクリエイターデビュー完了!

作ったあとの売り方《販売するには戦略が必要》

作ったあとの売り方《販売するには戦略が必要》

ただ出品するだけでは売れません。山奥にお店出して商品を並べたようなものだからです。

なので超初心者向けに、ほぼカンペキな7つの販売戦略をシェアします↓

>>>超初心者向け【NFT】7つの売り方《イラスト・絵》販売戦略まとめ

まずは宣伝や告知をして知ってもらう必要があります。そして必要なら作品の見直しもします。

宣伝場所は主にTwitter上になります。気軽に宣伝できるコミュニティもあるのでぜひ使ってください↓

>>>Twitter「NFT出品宣言!」コミュニティ(現在、参加者550人超え)

正直、NFTを売るのはカンタンじゃないです。ブームの時は出品すれば何でも売れる状態でしたが、今は「NFT作品の質」も求められます。

「なかなか売れないなぁ」って時は、コチラで作品をイチから見直してみましょう↓

>>>【NFTアート】はマーケティングしないと売れない!売るための7つ《完全ロードマップ》

【NFTアートの売り方】まとめ

【NFTアートの売り方】まとめ

売り方をまとめると、以下の5つです↓

  1. NFTアートを売り始めるには暗号資産とウォレットの準備が必要
  2. まずはNFTマーケット『Opensea』で売り出してみよう
  3. 売りはじめに手数料がかかる
  4. 出品しただけでは売れないのでTwitterで宣伝・告知しよう
  5. 売るにはマーケティングや販売戦略を考えよう

基本的にはこんな感じ!

もし「作品が売れるならなんでもいいや!」「日本円で買えるところがいい!」という場合は、日本のマーケットプレイスで出品するとカンタンです。

マーケットプレイス『HEXA』などでは、日本円で気軽に売買できます↓

>>>サルでもわかるNFT【HEXA(ヘキサ)】のメリット・デメリットとは?《始め方や評判も解説》

海外に向けて売り出したいなら『Opensea』を使えた方がいいです。でも「ブロックチェーンや暗号資産はよくわからないけど、作品は売りたい」ってクリエイターさんも多いでしょうし。やりやすいところから始めてみるのがいいんじゃないでしょうか!

他、【NFT・クリプトアート】についての記事はコチラにまとめています↓
>>>サルでもわかる【NFT・クリプトアート】始め方・作り方・売り方《まとめページ》