【NFT】で売れるものは?1日デート券も売れる?《デジタルデータなら何でも売れます》

「“NFT”が気になるんだけど、どんなモノが売れるの?自分にも売れるモノあるかなぁ?」

というアナタに!「NFTで何が売れるのか」をお伝えします!

結論から言います。《デジタルデータなら何でもNFTにして売り出せます》。

イラストデータや写真データはもちろん、音楽データや単なる自撮り写真でも!

作品作ってる方でも作ってない方でも、データさえあればNFT出品できてしまうのです。

なので、素人でもワケわからんもので稼げたり。人のデータを勝手にパクるやつが現れたり。ってことが起こるわけですが…。

というわけで「NFTで売れるもの」について、くわしくお伝えします!

さい
NFTクリエイター&コレクター歴2年目。売上が50万円超えてる僕が教えるよ!
「何を売っていいか?」じゃなく「どうしたら売れるか?」が知りたいんだよ!って方はコチラをどうぞ↓

【NFT】で売れるものは?1日デート券も売れる?

【NFT】で売れるものは?1日デート券も売れる?

「NFTとは何か?」から話してしまうと、「ブロックチェーン技術」の話になってしまうのでここでは省きます。

ざっくり「NFTとは何か?」を知りたい方はコチラを読んでおいてください↓

>>>超簡単に【NFT】とは何か?→コピーできないデジタルデータです《誰でも一点モノが作れる!》

大事なのは、「これがオリジナルのデータですよ!」って証明できる、ということです。

なので、あなたのイラストデータも、写真のデータも、歌のデータも、「オリジナル作品」として売り出せるのです。

他にも、以下のようなものがNFTとして売られています↓

  • 仮想空間の土地
  • ゲーム内のアイテム
  • 何かしらの権利

ひとりで「仮想空間の土地」を作るのは大変ですが、「何かしらの権利」例えば「1日デート券」とかも売れちゃうわけですね。

ただ、NFTを売るプラットフォームによって以下のような制限はあります↓

  • 出品できるデータ形式 JPEG、PNG、GIF、WAV、MP4など
  • 出品できるデータ量 大手の『Opensea』だと100MBまで。など

当然ながら、法律にふれるようなものは出品しちゃダメですよ。

【NFT】でどんなものが売られている?

では、実際にNFTでどんなものが売られているのか見てみましょう!以下の5つを紹介します↓

  • 最古のNFT『CryptoPunks』
  • Twitterジャック・ドーシーの歴史的なツイートNFT
  • 仮想空間の土地NFTを買って、メタバースで商売を始める?
  • 文字だけのNFTからゲームを作る『LOOT』
  • 所有して走ると稼げるNFTシューズ『STEPN』

最古のNFT『CryptoPunks』

最古のNFT『CryptoPunks』

一番有名なのはコレですね。『CryptoPunks』!

パッと見て、「なぜこんなドット絵に価値が付くのか…」と思うかもしれませんね。

『CryptoPunks』は最も古いNFTプロジェクトです。一番長い歴史があるわけなんですね。

『CryptoPunks』がものすごい価値になったおかげで、日本でも似たような「横顔ドット絵」が乱発され、それなりに売れたようです!

Twitterジャック・ドーシーの歴史的なツイートNFT

Twitterジャック・ドーシーの歴史的なツイートNFT

TwitterのCEOジャック・ドーシーが、『初めてのツイート』をNFT出品。約3億円で落札されました。

これは『Twitterで初めてのツイート』って文脈と、ジャック・ドーシーの影響力があっての価格ですね。

「単なるつぶやき画像」でも、いろいろ乗っかれば高額になる、っていう典型例です。

仮想空間の土地NFTを買って、メタバースで商売を始める?

仮想空間の土地NFTを買って、メタバースで商売を始める?

『The Sandbox』というゲーム内の土地や、仮想空間『Decentraland』内の物件が高額で売れたりしています。

これからの未来、「メタバースの仮想空間内でビジネスが活発になるんじゃないか?」ってことで売買が活発になってる感じですね。

僕はわりと仮想空間を歩きまわってきた方です。その上で「どの仮想空間が覇権をとるのか全く予想できない」ですし、「まだかなー」と思ってるので買いませんが。

いつかは人類のメタバース活動も活発になってくるのは間違いありません。いつか。

文字だけのNFTからゲームを作る『LOOT』

文字だけのNFTからゲームを作る『LOOT』

↑これは、僕が「HIPHOP(ラップ) LOOTだ!」つってマネ事で作った『LOOT』っぽいやつ。(実際に作った曲はコチラ)

『LOOT』という文字列だけのNFT画像が高額で売れています。何のこっちゃさっぱりわからないと思いますが…

文字から連想していろいろな物を作ってこう、で最終的にゲームを作ろうっていう。

まーそうカンタンに言えるものでもないので、興味ある方はコチラPajiさんの解説動画を見ましょう↓

所有して走ると稼げるNFTシューズ『STEPN』

所有して走ると稼げるNFTシューズ『STEPN』

「NFTゲームで稼げる!」というのは聞いたことあるかと思いますが、最近は「走ったら稼げる!」というNFTシューズが人気です。

『STEPN』というNFTシューズを買って、アプリと連動させて走るだけでトークン(ポイントみないなもの)がもらえます。

「走って健康に良い上、稼げる!」ということで日本で大人気になっています!(いつまで稼げるかわからないので、オススメはしません!)

というわけで、いろんな付加価値の付いたNFTが売られています!

【NFT】で売れるもの まとめ

【NFT】で売れるもの まとめ

まとめるとこうです。

デジタルデータなら「何でもNFTにして売り出せる」。でも「出したからといって何でも買ってもらえるわけじゃない」。

当然っちゃ当然なんですが。実際に出品してみると、作品出すだけじゃキビシイんです。

Twitterでの宣伝・告知とか。クリエイターさんやコレクターさんと交流したりとか。いろいろ活発に動いてる人が売れてる印象です。

そしてもちろん、ちゃんと考えた作品を出してる人は売れてる!

何かしら作ってきた人や、何かしらの考え・プランがある人はNFT出品にチャレンジしてみるといいですよ!

海外で一気に人気が出て「1日で1億円分売り上げた!」みたいな方もいますからね実際。

チャンスがある世界なのは間違いないです!

NFT参入するなら早ければ早いほどチャンスなので、さっそくチャレンジしたい方はこちらへどうぞ↓

>>>サルでもわかる【NFTアート・クリプトアート】の作り方《初心者でも簡単に作れる!》

他、【NFT・クリプトアート】についての記事はコチラにまとめています↓
>>>サルでもわかる【NFT・クリプトアート】始め方・作り方・売り方《まとめページ》

僕も絵を描くので、NFTにして出品しています↓
>>>【絵描きをやる意味】考えて、美しいものをものをみつける《絵描きの自己紹介ページ》