【車業界のVR・ARの活用】空飛ぶ車?カーシェアリング?MaaSによって変わる、移動の未来!

「VRや最新技術で、車や移動ってどうなるの!?」

そんなアナタにVRの取り組みや、“移動の未来”がどうなるか、お教えします!

サクッと読めば、未来がわかりますよ!

【車業界のVR・ARの活用】空飛ぶ車?カーシェアリング?MaaSによって変わる、移動の未来!

【車業界のVR・ARの活用】空飛ぶ車?カーシェアリング?MaaSによって変わる、移動の未来!

車業界・移動の未来は、今後こうなっていきます。

  • VR上で車の試乗ができる
  • ナビなどは、ARが全てやってくれるようになる
  • 自動運転社会になって、運転の必要がなくなる
  • MaaSによって、車を持つ必要がなくなる
  • VRが一般化すれば、そもそも“移動”の必要がなくなってくる

VRや自動運転技術、MaaSによって、以上のように変わっていきます。

ひとつずつ見ていきましょう。

現在の車業界のVR

現在の車業界のVR

VRの取り組みとしては現在、『アウディ』『ランボルギーニ』『ジャガー』などで、VRドライブ体験ができるサービスが行われています。

『ベンツ』では、ショールームに車を置かずに、VRで車を見てもらうサービスが行われています。

敷居の高い高級車でも、安全で気軽なVR試乗ができるようになっています。

これによって、販売促進につなげるという狙いです。

AR技術の活用

AR技術の活用

日産では、AR技術を使ってマップやルートを表示したり、事故防止対策を行う『I2V』という技術が発表されております。

ARで、バーチャルな美少女キャラを助手席に乗せてナビゲートしてもらう、という未来も示されました。

車業界・移動の未来

車業界・移動の未来

現在はそのような取り組みが行われていますが、未来はどうでしょうか。

面白いところでは、『空飛ぶ車』も開発されていますよね。2030年頃には空を走っていそうです。

そして、自動運転やカーシェアリングなどの流れはどんどん大きくなりつつあります。

イーロン・マスクで有名なTESLAの車なんかは、もうすでにかなりの精度で自動運転ができます。

「スマート・サモン(Smart Summon)」という機能を使えば、自分がいるところまで自動で車が迎えに来る、といったこともできるようになっています。

自動運転になれば、痛ましい事故や、あおり運転、免許返納などの問題も解決できます。

自動運転なってくのは当然の流れですね。

物流も、近距離ならドローンなどでの配達が可能になってくるかもしれません。

むしろ「人間が車を運転してたなんて、なんて危ないことしてたんだ!」という未来になるでしょう。

(自動運転の未来について知りたい方は、この本がオススメ↓)

移動の革命!MaaSがはじまる!

移動の革命!MaaSがはじまる!

そして、スマホひとつですべての乗り物に乗れるようになる『MaaS』

有名企業や自治体も参入しており、どんどん実現に近づいています。

定額を払えば、スマホがまるでスイカかパスモのように。フリーパスで乗り物に乗り放題。

こうなったら、もう車を持つ必要がなくなりますよね。

「車を買う」ということ自体がどんどん一部の人のものになってゆくでしょう。

そして『MaaS』によって、どこへ向かったのか、何を必要としていたのか、データが取れちゃうわけです。

『MaaS』に特化した乗り物なんかを作れば、乗りながらネット見たり、YOUTUBE見たり、NETFLIX見たり。

それでさらにデータが取られたり。

車中泊しながら、目覚めたら目的地に到着してたり。

旅をしながら仕事できたり。

いままでの“移動時間”が、まったく別物に変わるわけです。

2030年には自動化の未来が待っているということなので、確実に変わっていくでしょう。

車のディーラーや、車販売業者、物流業者などは今後の仕事を何にするか、考えた方が良さそうです。

それにVRの進歩もあります。

VR内ですめば、「移動する」ということ自体が減ってくでしょう。

“移動”が再定義される未来が、もうすぐそこに来ています。


以上、【車業界のVR・ARの活用】空飛ぶ車?カーシェアリング?MaaSによって変わる、移動の未来!をお伝えしました。

これから10年でどれだけ“移動”が変化してゆくのか、楽しみですね!

他の分野による【過去と未来】についてもまとめています↓
>>>【バーチャルの過去と未来】VRによる未来展望・未来予測まとめページ!

このサイトの地図はコチラ↓
>>>【さいさいと】サイトマップ

最新情報をチェックしよう!