あなたもサイボーグになれる【ネオ・ヒューマン】話題の本レビュー《書評》

さい
世界初の“サイボーグ”だって!?

そんな話題の本『ネオ・ヒューマン 究極の自由を得る未来』!(原書:Peter2.0)

難病になったことを機に、AIと融合して、人類初のサイボーグになった博士の話。

いま、困難な状況にいるアナタ!

この本を読めば、乗り越えるエネルギーがわいてくるかもしれません。

そういった感じのレビューします!

あなたもサイボーグになれる【ネオ・ヒューマン】話題の本レビュー《書評》

あなたもサイボーグになれる【ネオ・ヒューマン】話題の本レビュー《書評》

『NEO HUMAN ネオ・ヒューマン 究極の自由を得る未来』 ピーター・スコット-​モーガン 著

いまとは違う自分になりたいと戦うすべての人へ

人類初「AIと融合」し、サイボーグとして生きる科学者の自伝

「ルールなんてぶっ壊せ!」

年齢・性別・国籍・肉体・時間・病・死---

私たちはすべてから解放され、永遠に生きる

【ネオ・ヒューマン】の内容と、サイボーグになったピーター博士について

【ネオ・ヒューマン】の内容と、サイボーグになったピーター博士について

世界初のサイボーグになった彼の名前は、ピーター・スコット-​モーガン

ロボット工学博士で、経営コンサルタントとしても成功している。

イギリスで初めて「結婚式」を挙げたゲイカップルとしても有名な人だ。

そんなピーター博士は…

【ネオ・ヒューマン】の内容と、サイボーグになったピーター博士について2

恋人と旅生活を楽しんでた時に、体に異変が…。

目と脳、それ以外が動かなくなってゆく難病「ALS」と診断され、宣告された「余命2年」。

最悪な状況に絶望するも、彼はありったけのテクノロジーを使って抗う決意をする。

まずは、胃に栄養を送る・尿を出す・排便。3本のチューブを取りつける「改修工事」。

そこから世界中の最新テクノロジーをかき集めて病に対抗する。

【ネオ・ヒューマン】の内容と、サイボーグになったピーター博士について3

体が動かなくなっても楽しく生きられる、ありったけの技術を車イスに持ち込んだのだ。

眼球の動きを追跡する技術・声を合成して作り出す技術・アバター技術・VRなどなど…

これらの技術をハイテクな車椅子とAI、そして愛する恋人が支える。

といったのが本書の内容!

読んだ感想「知識と行動が生死を分ける」

読んだ感想「知識と行動が生死を分ける」1

「正しい知識がないと、立ち向かう方法すらわからない」ってケースは世の中にゴマンとありますよね…。

ピーター博士の挑戦を追ってゆくと、まさに「知識と行動が生死を分ける!」といった感じで。

最新のテクノロジーが知れる本というより、困難な状況に立ち向かう姿勢を学べる本でした。

 

体が動けなくなってく難病「ALS」。

「ALS」といえば、あのスティーヴン・ホーキング博士がわずらった病気として有名ですよね。

車イスの姿を一度は目にした方も多いはず。

意識はハッキリしているのに、だんだん体に閉じ込められてゆく感じ。

目を動かすことしかできなくなる「最も残酷な病気」とも言われてます。

読んだ感想「知識と行動が生死を分ける」2

想像してみましょう。もしあなたが「ALS」にかかったとしたら…。

ゾッとしますよね。もうすぐ動けなくなってゆくなんて、絶望しかない。

でも、「ALS」の死因は食物を飲み込めないことによる「餓え」だったり、呼吸ができないことによる「窒息」だったりする。

ピーター博士は「ALS」を冷静に理解して、死因を取りのぞくための手術をするわけです。彼いわく「改修工事」!

読んだ感想「知識と行動が生死を分ける」3

そして話せなくなってもコミュニケーションが取れるよう…

合成ボイスやアバター、VRなどのテクノロジーを投入。

あとは加速するAIの進化によって、サイボーグとなった彼自身がどんどんアップデートされてゆく。

「私の目には、しかるべきテクノロジーを用いて適切にケアをすれば、ALSは死に至る病には見えなかった」

ピーター博士の言う通り、知識と行動があれば「ALS」を乗り越えられる—

余命は2年。その間に、超最高にクールなテクノロジーを世界中から探し出して試す。

絶望しているヒマはない!

病気や事故、老化による身体障害を、最先端のテクノロジーで解決しようという挑戦。

そして“人間である”ことの定義を書きかえる挑戦。

読んだ感想「知識と行動が生死を分ける」4

これまでもLGBTのツライ境遇を乗り越えつつ、世の中の常識やルールと戦ってきたピーター博士。

知識から導き出された“ロジック”が救いのロープとなり…

それを必死に登るからこそ、暗い穴から出ることができる。

そう教えてくれる“不屈”の教科書でした。

読んだ感想「知識と行動が生死を分ける」5

時系列が行ったりきたりする構成になっているので、はじめは戸惑うかもしれません。

出てくるテクノロジーも、その分野にいる人なら知っているものだったりします。

しかし「チャレンジする折れない心」や、

「絶望した時、乗り越える可能性を徹底的に考える姿勢」

ピーター博士の挑戦は、困難に立ち向かおうとする人に勇気を与えてくれる。

いま、しんどい状況にある人にこそ読んでもらいたい本です!

もしかしたら視点が変わって、解決の糸口が見つかるかもしれません。

これからの近い未来、機械と人間が融合する「トランスヒューマニズム」の流れが来るはずです。

人類初のサイボーグになったピーター博士。教科書にのる日も近いかもしれませんね。

さい
僕もサイボーグになったらお知らせするね!

以上、あなたもサイボーグになれる【ネオ・ヒューマン】話題の本レビュー《書評》をお伝えしました!

他、今までレビューした未来・AI関連本はコチラにまとめています↓
>>>未来がわかる!【バーチャルな本】感想・レビュー《まとめページ》
最新情報をチェックしよう!