VR本・VR入門書【VRビジネスの衝撃「仮想世界」が巨大マネーを生む】感想レビュー!

「VRや、オキュラスのことが知りたい!」

そんなアナタにオススメの本【VRビジネスの衝撃 「仮想世界」が巨大マネーを生む】!

読んでみてどこらへんが良かったか、わかりやすくレビューします!

VR本・VR入門書【VRビジネスの衝撃「仮想世界」が巨大マネーを生む】感想レビュー!

VR本・VR入門書【VRビジネスの衝撃「仮想世界」が巨大マネーを生む】感想レビュー!

【VRビジネスの衝撃 「仮想世界」が巨大マネーを生む】 新清士 著

フェイスブック、グーグル、マイクロソフト—

なぜ彼らはバーチャルリアリティ市場に巨額投資をするのか?

この熱狂はホンモノだ!

・ディズニーはなぜVRのベンチャー企業に出資したのか?
・ニューヨーク・タイムズはなぜ読者にVRゴーグルを配布したのか?
・ゴーグル型端末「オキュラス」が巨額を生みだす仕組みとは?
・VRの先にあるMR(複合現実)とは?

気鋭のジャーナリストによる渾身のレポート!

この本でわかること

  • VRのこれまでの歴史とこれから
  • VRが使われている、エンターテインメント、ビジネスの現状
  • ヘッド・マウント・ディスプレイ(VRゴーグル)主要メーカーの成り立ちと、その製品の違い
  • 海外のVRと日本のVRの違い
  • 日本のVRの現状
  • VRからARとMRへ。これからの未来について

【VRビジネスの衝撃 「仮想世界」が巨大マネーを生む】面白かったところ

海外のVRが「リアルと同じものをバーチャルに作り出す」ことを目指しているのに対し、

日本のVRは「キャラクターや架空の世界、実在しないものを作り出す」ことを目指している。

というお話が非常に興味深かったです!

【VRビジネスの衝撃 「仮想世界」が巨大マネーを生む】面白かったところ

ひとつ、この本の誤算がありました。

それは、例のコロナです。これは予想できなかったことです。

東京オリンピックでVRゴーグルが普及し、VRが一気に一般化する、という想定でした。

しかし、現在になってみて、東京オリンピックが開催されるかわかりません。

この状況で開催されるなら、VR観戦などで一気に追い風になります。

開催されないなら、VRゴーグルも求められません。

開催されるかどうか、気になるところです。

そして今後、VR、AR、MRがどんな変化をもたらすのか。

画面やキーボードなんてものは必要なくなる。

VRによる劇的な変化と、行きつく未来。

それが垣間見られ、とてもエキサイティングでした。

【VRビジネスの衝撃 「仮想世界」が巨大マネーを生む】印象に残った言葉

【VRビジネスの衝撃 「仮想世界」が巨大マネーを生む】印象に残った言葉

マーク・ザッカーバーグ(Facefook CEO)の発言

  • オンラインの体験は、テキスト、ビジュアルと来て、「論理的に考えると、次の段階は、完全な没入型のVRになる」
  • 「テレビは、ARグラスに表示されるアプリとして、1ドルで売られることになる」

未来学者 ミチオ・カク教授の発言

  • 「このコンタクトレンズは人の顔を認識し、即その人の経歴が映り、もし相手が中国語を話せば、字幕がすぐに出てくるようになるでしょう」

【VRビジネスの衝撃 「仮想世界」が巨大マネーを生む】読んで考えたこと

本の中で、戦艦大和をVR空間上に復活させた、というエピソードがありました。

【VRビジネスの衝撃 「仮想世界」が巨大マネーを生む】読んで考えたこと

これは僕たちが見たいものを、バーチャル上で実現できる、ということです。

ここで想像しました。その技術が進めば。

 
さい
例えば僕が、戦国時代の織田信長になることもできるのかな…
桶狭間の戦い屏風絵

信長になって、歴史を疑似体験する。

桶狭間でアドレナリン爆発させて「いったるるぁぁぁぁぁあーーーーーー!!!!」と、突撃することもできます。

逆に、歴史をひっくり返す体験もできる。

本能寺で罠にかかったフリをして「全部お見通しじゃぁあああーー!!はっはーーーは!」と、ピンチを切り抜ける。

秀吉と家康を従えながら、天下統一。

その張本人になって、その場に立つ。そんな体験もリアルにできるわけです。

脳ミソが焼かれるほどの興奮が待っているのではないか、と想像しました。

ですが、これほどの体験は現実世界ではできないわけで。楽しすぎるとVR依存が怖いです。

そこをしっかりと線引きできる自信は、ありません!!

【VRビジネスの衝撃 「仮想世界」が巨大マネーを生む】感想まとめ

VRのことを知りたい時、はじめて手に取る本としてぴったりな一冊でした!

著者は現在も第一線で日本のVR開発に携わっている方です。しっかりとした取材と体験から書かれており、信頼のおける良書です。

また、ヒストリーや、人物のストーリー、著者の経験談も踏まえて解説されているので親近感もわき、わかりやすいです。

VRビジネスのノウハウや、VR技術者向けの本ではありません。VR分野のあらましを知るための本です。


以上、VR本【VRビジネスの衝撃 「仮想世界」が巨大マネーを生む】のレビューでした!

VR周辺のことをざっくり知りたい方にはピッタリな内容なので、ぜひ読んでみてください。

他、今までにレビューしたVR本はコチラにまとめています↓
>>>未来がわかる!【バーチャルな本】感想・レビュー《まとめページ》

このサイトの地図はコチラ↓
>>>【さいさいと】サイトマップ

最新情報をチェックしよう!