サイバーパンク映画【JM】あらすじ、ネタバレ感想レビュー!

VRが登場する、近未来サイバーパンク映画【JM】。

キアヌ・リーヴス×北野武の共演でも話題になりました!

こちらをレビューします!

サイバーパンク映画【JM】あらすじ、ネタバレ感想レビュー!

サイバーパンク映画【JM】あらすじ、ネタバレ感想レビュー!

映画【JM】あらすじ(ネタバレなし)

舞台は2021年。世界はコンピュータネットワークでおおわれていた。

その影響で。電磁波による病が、人類を飲み込もうとしていた。

“記憶屋”のジョニーは、最後の仕事として、極秘情報を運ぶ依頼を引き受ける。

依頼主の元へ行き、アタマのチップに情報を記録させる。

その情報を狙って、犯罪組織“ヤクザ”が襲撃しに現れたのだった…

映画【JM】レビュー(ネタバレあり)

映画【JM】レビュー(ネタバレあり)

うーん、いろいろと残念!

キャラ描写不足に、説明不足!

観てる側の心理と、ストーリーの感情がかみ合わないままどんどん転がってっちゃう感じ。

主人公のジョニーが一体どうゆう人で、なぜ“記憶屋”という仕事をしているのかもわからないまま襲われちゃって…

アタマに記憶したものが「世界を救う」情報だとわかっても、ジョニーは「いや知らんがな!高級ホテルでクラブサンド食べて、娼婦抱きたいんじゃ!」というタイプの人だし。

観てる側の、“感情の落としどころ”がよくわからない映画ではあった。

「昔の記憶を犠牲にして、情報を記憶させる」みたいな設定があるんだし、うまく活かせばいくらでも面白くできそうな感じはする。

それが…ラストで、初見のお母さんの記憶をチラっと出されても…感動しないでしょう。

駆け出しの小説家にでも脚本書いてもらったほうが、面白い映画になるはず…

と思ったら、これ、原作者のウィリアム・ギブスンが脚本書いてるのか!どうしたん!

サイバーパンクを代表的する作家も、映画の脚本とは相性が悪かったのだろうか…

面白そうなものはいろいろ出てくるのに、うまくかみ合ってない感…残念!

映画【JM】の世界について ハッカーのイルカも登場!

映画【JM】の世界について ハッカーのイルカも登場!

ウィリアム・ギブスンのSFでおなじみの、退廃した社会に、高度なテクノロジー。

そして謎の東洋風をブレンド。

犯罪組織“ヤクザ”や、医療テクノロジーが発達してる場所として“チバ”など。日本のものがいろいろ出てくる。

ヴィジュアルデザインは、映画【ブレード・ランナー】でもおなじみのシド・ミード氏が加わっている。

キーとなるキャラクターには、イルカのハッカーも登場。

このイルカ、海軍に訓練され、薬漬けにされている。大海を泳いでいる幻覚を見ているイルカで。

パスワードをみつけたり、いろいろとスキャンできたりと。謎の超能力イルカで笑える。

VR映画として【JM】を見る

VR映画として【JM】を見る

この映画では、がっつりとVRが出てきます!

VRゴーグルみたいなのは、3タイプ出てくる。

1つ目は、アタマのチップに記憶させる時に使う。

記憶できる容量が160GBということで。

OculusQuest2(の高いほう)より容量少なっ!笑

2つ目は、『サイノ・ロジック』という銀色のゴーグルと、『データグロープ』という操作用グローブ。

これでネット世界にアクセスして、情報を得ようとしていた。

3つ目は、イルカのジョーンズを経由するやつ。上から吊るされて、ゴツくて大きいゴーグル。

初期VRゴーグル『ダモクレスの剣』みたいなやつ。

この映画のVRで見る映像は、その当時の最先端CG!って感じですね。

今見るとレトロなんですが、それはそれで楽しい。

ただ、その当時の人が見ても「VRってすごい!」とかイメージできるものではなかったでしょう。

ストーリーの「何してんだかわからない感」と相まって、「なんだかよくわからない映画内のアイテム」って印象が残るだけですね。


以上、映画【JM】の映画レビューでした!

ストーリーは残念ですが、いろいろと楽しめる要素はあります。

テクノカットのキアヌ・リーヴス。めちゃかっこいい北野武。

ラッパーのアイスキューブも登場。ドルフ・ラングレンも、こんな役やってたんだ。

映画【スピード】で一躍スターになったキアヌが…【JM】でサイバーパンクして。

【マトリックス】でサイバーパンクを極める。という流れも面白いですね!

参考として【JM】観るのもいいかと思います!

他、レビューしたVRアニメ・バーチャルな映画はコチラにまとめています↓
>>>おすすめ【VRアニメ・VR映像・バーチャルな映画】まとめページ

最新情報をチェックしよう!
>