オススメVRアニメ【The Line】エミー賞を受賞した、傑作VRアニメをレビュー!

オススメVRアニメ【The Line】エミー賞を受賞した、傑作VRアニメをレビュー!

「そうだよね…ラインを外れていこうっ!!」

ブラジル発のVRアニメ作品【The Line

エミー賞も受賞した、こちらの作品をレビューします!

VRアニメ【The Line】のあらすじ(ネタバレなし)

舞台は、1940年代。ミニチュアのサンパウロ。

ミニチュア人形たちが、毎日の変わらない日々を送っていました。

皆、溝のラインに沿って動き、生活しています。毎日同じことの繰り返し。

ペドロも同じでした。自転車に乗って、毎日新聞を配達しています。

彼は花屋のローザに恋をしていました。

でも打ち明けられず…毎日そっと、黄色い花を置いてゆくだけの日々。

ある日。

いつものように黄色い花をとっていこうとすると…とりつくして、もうなくなっていました。

どうしようか思い悩んだペドロ。

いつものラインを外れて、山へ黄色い花をとりに行くのでした…

VRアニメ【The Line】の感想・レビュー(ネタバレあり)

観たあと、ちょっと勇気が出るような…素晴らしい作品でした!

見はじめると、目の前にVR版「とびだす絵本」が展開されていく感じ。

この感じは、VRゲーム『MOSS』『Down The Rabbit Hole』に近いです。

観てる側もさわったりして、お話を進めていきます。

ミニチュア人形たちの繰り返す毎日。

そこから勇気を出して外れるペドロ。

危険な目にもあうけれど、そこにいつもとは違う景色を見ることになります。

で、一番最後に。

記念写真を、パシャリと撮った瞬間…

観てる側もミニチュアのサイズになって入り込むんですよね。ここがすごく良い!

僕らも、このミニチュアたちのように同じような毎日を繰り返していて。

まるで、すでに先を決められたラインの上を進んでるみたいじゃないか。

もし、何かが足りなくなった時。勇気を出して外れてみようよ。

その先にはきっと、素敵な景色が広がってるよ。

そんなメッセージを、一瞬で受け取ったような演出でした。

やっぱり、“ストーリー”と“VR”がバッチリ組み合わさると、メッセージの訴求力がものすごい。

ひとりひとりの人生の軌道を変えてゆく、“作品の力”がそこに生まれる。

そういったVR作品が今後も作られて…希望は生まれるな、と感じました。

じんわり胸が熱くなる、傑作です!

VRアニメ【The Line】の評価

2020年のエミー賞『インタラクティブ・メディア・イノベーション賞』を受賞。

第76回ベネチア映画祭『VRエクスペリエンス最高賞』を受賞。

と、よく知られる賞も受賞しています。

一般レビューの評価も、軒並み高評価です!納得!

VRアニメ【The Line】を見るには?日本語対応もOK

【The Line】はOculus storeにて販売されており、価格は490円です。

ストーリーは20分くらい。

ナレーションは英語かポルトガル語か韓国語しかありませんが、日本語字幕設定にできるので問題ありません。

ミニチュアのまわりを歩いて見れる「ルームスケールモード」と、座って見れる「座席モード」もあります。


以上、VRアニメ【The Line】をレビューしました!

これは間違いなく傑作VRアニメ!見た方がいいです!

VRゲーム『MOSS』『Down The Rabbit Hole』が好きな方にもぜひオススメです!

今後も、VRアニメやバーチャルな映画についてレビューしていきます!

他のオススメVRアニメ・バーチャルな映画はコチラ↓
>>>VRアニメ・バーチャルな映画

最新情報をチェックしよう!
>