仮想世界に入るバーチャルな映画【13F(The Thirteenth Floor)】あらすじ、感想レビュー!

【マトリックス】と同じ年に、“仮想世界”に入る映画作品があった!

それが映画【13F(The Thirteenth Floor)】

こちらのあらすじと、感想レビュー!バーチャルな映画としての視点からもお伝えします!

仮想世界に入るバーチャルな映画【13F(The Thirteenth Floor)】あらすじ、感想レビュー!

仮想世界に入るバーチャルな映画【13F(The Thirteenth Floor)】あらすじ、感想レビュー!

映画【13F】あらすじ(ネタバレなし)

開発者のダグラスと上司のフラーは、ヴァーチャル・リアリティ技術によってコンピュータ内に仮想世界を作っていた。

1937年のロサンゼルスをモデルにした世界だ。

だがある日、上司のフラーが何者かによって殺されてしまう。

その連絡を受けたダグラスの手元には、なぜか血の付いたシャツがあった。

警察から疑われるダグラス。フラー殺害事件の手がかりをつかむため、仮想世界へと入って真相を追うのだった。

映画【13F】感想レビュー(ネタバレあり)

映画【13F】感想レビュー(ネタバレあり)

ストーリーの流れはすっきりしていてわかりやすい。

仮想世界に入った時のリアクションも楽しいし、黒人刑事さんも存在感あって良い。

特にイマイチな点などはないのですが…同じ年に公開されたのが【マトリックス】

あっちはカンフーアクションやらワイヤーアクションやら、ケレン味たっぷりだったのに対し、こちらの【13F】は、ちょっと地味だったなと。

決してつまらない映画ではないのですが…そこまで「がーーーーーーん!!!」となるわけでもなく。

ストーリーの仕掛けは、仮想世界を使ったマトリョーシカのような。“入れ子構造”というやつですね。

そこに気づいて、「世界の果て」を見るところがこの映画最大の見どころかなーって感じです。

【13F】っていうタイトルになってる意味はちょっと弱すぎない?

もうちょい「このワンフロアからすべて起こってるんだぜ感」を出さないと、この映画タイトルにする意味はないと思う。

映画【13F】感想レビュー(ネタバレあり)2

あとあいつ、手紙を読んで「自分は作り物だった」って気づいちゃったやつ。可哀想じゃない?

気づいちゃうし、階層上がってきちゃうし、撃たれちゃうし。可哀想すぎない?

そしてラスト、「へぇー未来の世界に来たんだ、良かったね」で終われるかっ!

刑事さんも、作られた世界に気づきつつ、仮想世界で生きてくわけだよね。

そこへ再び思い出される、あいつの顔。悪くないでしょあいつ。

あいつ、可哀想すぎない?笑

映画【13F】をバーチャルな映画として見る

映画【13F】をバーチャルな映画として見る

「バーチャルな仮想世界を作ったと思ってたら、自分らのいるところも同じく仮想世界だった」っていうのが話のキモ。

2つの仮想世界があるわけです。

ひとつは、1937年のロサンゼルス。もうひとつが1999年の現代。

どちらの世界も近未来SF的な要素はない。やっと最後に、ヘッドフォンみたいなVRデバイスがチラっと映る程度。

映画【13F】をバーチャルな映画として見る2

映像にSF要素あるとしたら「世界の果て」ぐらいですが…え?そんなチープな感じなの?っていう。

装置を使う時のレーザーライトといい、装飾としか思えない「デジタル使ってまっせ」的な部分が安っぽい映画ではある。

装置を使って仮想世界に入る時も、いろいろ制約が多いです。

現実での本人は寝てる、とか。

時間制限がある、とか。

そのうえ仮想世界に生きている人間が、“仮想”ではなく本当に生きている人間。っていう。

VRの仮想世界を知ってる人からすれば、「何ソレ?どゆこと?」っていう。

何でわざわざそんなものを作ってしまったのか。

仮想世界に人を造って遊んでたの?って風に見ると、主人公たちはマッド中のマッド。

そのシステム自体が合理性に欠けているので、映画世界の中でしかありえないシステムですねこれは。

現実社会にこういった仮想世界が作られることはないので、VR・XRに関して参考になるような話ではないかな。

フツーに、映画として楽しむ作品ですね。


以上、バーチャルな映画【13F(The Thirteenth Floor)】についてお伝えしました!

他、オススメVRアニメ・バーチャルな映画はコチラにまとめています↓
>>>おすすめ【VRアニメ・VR映像・バーチャルな映画】まとめページ

最新情報をチェックしよう!
>