「いま現在のバーチャルライブって、どんな感じになってるの!?」

今年もさまざまなVRバーチャルライブが開催されましたね!

動画とともに振り返って、バーチャルライブの“今”、そして“これから”を見ていきましょう!

《バーチャルライブの現在》米津玄師、MIYAVI、Vtuberから海外ライブまで!

《バーチャルライブの現在》米津玄師、MIYAVI、Vtuberから海外ライブまで!

米津玄師のバーチャルライブ

バーチャルライブといえば、なんといっても今年夏に大きな話題となった米津玄師バーチャルライブ!

人気ゲームFortnite内で行われて、めっちゃ多くの人が見に集まったよね。

本人がアバター姿で登場するものではなく…パブリックビューイングのような大画面に映像が映し出されて、それを見る、っていう形ではあったけど。

バーチャルライブ自体がまだ珍しいこともあり、「感動した!」って声が多かった!

MIYAVIのバーチャルライブ

【VRChat】のバーチャルVket5で行われた、MIYAVIバーチャルライブ!

こちらは会場に行くと、360°の空間にライブ映像が映し出されて。

それに加え、オブジェクトが飛び交ったり、火の鳥が舞ったり、バーチャルな演出もあり。

歌詞も空中に浮かび出てました。

MIYAVIのバーチャルライブ

YOUTUBE生配信の時間には、MIYAVI本人がアバターでライブ会場へ行き。

演奏するMIYAVI見ながらアバターのMIYAVIが踊る、っていう。

いろいろ面白い状況になってて。進化するバーチャルライブが見れました。

Vtuberのバーチャルライブ

有名ミュージシャン以上に、Vtuberのバーチャルライブが活発に行われてますね。

『アルテマ音楽祭』なんかは、演出もすごい!

むしろ有名ミュージシャンのバーチャルライブ以上に、演出が凝ってる。

かなりの熱を感じます。

 

僕も声かけてもらって、チラッとバーチャルライブに出演させてもらったりして。ギター弾き語りしました。

VRゴーグル一個でやるのはなかなか大変だったけど、良い経験になった!

そのうち気軽に、バーチャルでストリートミュージシャン的なことができるようになったらいいなと思ってます。

VRゲーム【アルトデウスBC】未来のバーチャルライブがイメージできた

VRゲーム【アルトデウスBC】未来のバーチャルライブがイメージできた

そして、話題のVRゲームアルトデウスBC】でも、歌姫ノアのバーチャルライブがゲーム内にあり。

演出が凝っていて、「これからのVtuberライブはこんな感じになっていくんじゃないか」っていうのが見れました。

【VARK】のバーチャルライブアプリ「VARK LIGHT STAGE」

【VARK】のバーチャルライブアプリ「VARK LIGHT STAGE」

あと、VRライブプラットフォーム【VARK】の新機能「VARK LIGHT STAGE」

VRMというフォーマットのアバターを作れば、誰でもバーチャルライブができるようになる。ってサービスが出ました。

VRゴーグルOculus Quest(2)があれば、誰でもバーチャルライブできるということで。

さっそく、バーチャルライブをしてみたのでレビューしました↓

>>>【VARK LIGHT STAGE】イベント作成して歌ってみたレビュー!ギター弾き語り実験も!

海外のバーチャルライブ

最後に、海外のバーチャルライブ。やっぱりすごい。

もはや伝説となってる、Fortniteで行われた米ラッパー、トラヴィス・スコットのVRライブ。

VR内に用意されたステージが、空からあらわれた巨大なトラヴィス・スコットによって踏み潰され。

ばんばんフィールドのシチュエーションが変わるわ、火の雨は降るわ、水中にもぐるわ、宇宙空間に飛ぶわ。

バーチャルライブでしかありえないライブ演出が、これでもかってぐらい盛り込まれていた。

しかもそれがリモートワークで作られた、っていう。

このライブの同時接続数が1230万!

ライブイベント史上、こんなに人が集まったことは無いわけで。

VRでしかあり得ない規模。ヤバすぎるでしょ。

今後のバーチャルライブに要注目!

今後のバーチャルライブに要注目!

というわけで、さまざまなバーチャルライブを振り返ってみましたが…

これは人気ミュージシャンはどんどん参入してくることは間違いないですよね。

会場のキャパに限界がないわけで。『チケット完売してた』なんてこともない。

そしてバーチャルならではの演出もできるようになって。

エイベックスのような会社がVR方面にどんどん投資するのも納得ですよね。

大規模ではなくても、Vtuberなどのバーチャルライブもさらに活発になっていきそう。

あとラッパーなんかがやったら、リリックをVR上で表示させられる演出とかできていいんじゃないかなーと思っている。

投げ銭システムなども整ったら、VRワールドのあちこちで路上ミュージシャンやる人もたくさん出てくるのではないか…

VR内のさびれたところで弾き語りしてるスナフキンを見かけたら、お恵みをくださいね。

もはやバーチャルスナフキンではなく、バーチャルコジキになります。


以上、《バーチャルライブの現在》米津玄師、MIYAVI、Vtuberから海外ライブまで!をお伝えしました!

他、バーチャル関連ニュースやコラムはコチラにまとめています↓
>>>【バーチャルを学ぼう】未来を生き残るための知識を得よう!《最新情報・本・過去と未来》

最新情報をチェックしよう!