「今度は過去じゃなく、未来だ!」

タイムスリップで大ヒットした前作【バック・トゥ・ザ・フューチャー】から、今度は未来へ!

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2】をレビューします!

VR映画【バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2】ネタバレ感想レビュー!

VR映画【バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2】ネタバレ感想レビュー!

【バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2】作品のあらすじ(ネタバレなし)

過去から自分の時代へ、無事戻ってきたマーティ。

そこへすぐにドクが現れる。マーティと恋人ジェニファーをデロリアンに乗せ、今度は未来へと連れていくのだった。

ドクが言うには、マーティとジェニファーは結婚するそうだ。

そして、育った彼らの息子が、事件を起こすことになるという。

その事件を防ぐために、未来へ来たのだった、が。

その世界は、見たことのないものにあふれる、まさに未来の世界だった。

【バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2】感想レビュー(ネタバレあり)

【バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2】感想レビュー(ネタバレあり)1

映画が公開された当時は、なんといっても未来のアイテムやシステムにド肝抜かれました。

前作からのタイムマシンにはじまり、空飛ぶ自動車、ホバーボードなどの未来アイテム。

ゴミ燃料、タクシー代を親指の指紋で払う、などのシステム。

指紋認証や決済システムなどは、今もう僕らはやっているわけで。

他にも、NIKEの自動でしまるスニーカーはホントに発売されたし。

【バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2】感想レビュー(ネタバレあり)2

ドローンで犬の散歩は、Youtube動画でやってる人見るし。

しゃべるジャケットも、ほとんどスマホのSiriなどでできてるわけですよね。

今この映画を観ると、だいぶ僕らは未来へ来たなぁと気づかされます。

前作同様、テンポ良く進むストーリー。

キャラや場所など、計算された因果関係。

名作中の名作なので、映画に関しては言うことナシ!

じゃあ何について話したいかというと、『スポーツ年鑑』についてです。

僕らも『スポーツ年鑑』を手に入れられる

僕らも『スポーツ年鑑』を手に入れられる

映画の中で、未来のビフが、過去のビフに『スポーツ年鑑』を渡しに行きました。

過去のビフは、未来の出来事がのっているその本で、先に結果を知ることができました。

それを活かし、億万長者になったわけです。

ここがポイントです。

この【さいさいと】で扱っているVR・AR・XR。これから確実に大きくなる分野です。

世界の名だたる企業や投資家たちが、どんどんそこへお金を集めていることからも明らかです。

これからどこかのタイミングで、確実に来ることがわかっている。

VR・AR・XRを知る、ということは、『スポーツ年鑑』を手にしているようなものなのです。

ただ少し、「行間を読む」必要のある『スポーツ年鑑』ではありますが…。

「歴史」や、「人間」というものに照らし合わせて、どうこの『スポーツ年鑑』読んでいくか。

 

読める人だけが、ビフのようにチャンスをつかむことができる。

これは最高に楽しいゲームではありませんか!

 

なので「『スポーツ年鑑』が欲しい!」という方は、VR・AR関係の本は読んだ方がいいですね。

特に、GOROmanさんの著書『ミライをつくろう』は、ヒントの宝庫です。

VRに興味があれば、一度は読んだ方がいいです。VR版の、ほぼ『スポーツ年鑑』です!
>>>マジでオススメVR本【ミライをつくろう VRで紡ぐバーチャル創世記】感想レビュー!

『スポーツ年鑑』を手にして、さぁ、あなたもビフ・タネンになろう!

【バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2】VR・AR映画として見る

ほんのちょっとだけ、VRらしきアイテムと、ARも出てましたね!

マーティー・ジュニアのハイテクサングラス

【バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2】VR・AR映画として見る1

マイクロソフト社の『ホロレンズ』っぽいアイテムですね。何を見ているのかは全く触れられていませんでしたが。

ホログラムの『ジョーズ19』

【バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2】VR・AR映画として見る2

未来の映画館のAR看板。

かなりチープでカワイイ感じのジョーズですね。

ちなみに、『ジョーズ』シリーズは4作で止まってます。

が、影響受けたB級サメ映画は乱発しているので、予想はある意味当たっているのかもしれません。笑


以上、VR映画【バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2】の映画レビューでした。

このサイトを見た方が、それぞれの『スポーツ年鑑』を手にできますように。

余談ですが、VR関連ニュースでこんな人がいました。

数年間、360°カメラで自分の身の回りをずーっと撮影しながら生活したんだそうです。

その映像にアクセスすれば、過去へタイムスリップできる、というわけです。

今後、誰もが自分の人生のアーカイブへ自由に移動できるようになるのでしょうか。面白い実験ですよね。

今後も、VRアニメやバーチャルな映画についてレビューしていきます!

他のオススメVRアニメ・バーチャルな映画はコチラ↓
>>>VRアニメ・バーチャルな映画

最新情報をチェックしよう!
>