鷹狩りVRゲーム『Falcon Age(ファルコンエイジ)』が日本語化したのでレビュー!

「ハヤブサを相棒にして、動物を狩る!」

鷹狩り体験ができるVRゲーム『Falcon Age(ファルコンエイジ)』をレビューします!

鷹狩りVRゲーム『Falcon Age(ファルコンエイジ)』日本語化したのでレビュー!

“鷹狩りVRゲーム”ということで、やりたかったんですコレ!

(Oculus Quest版のみ)日本語対応になった、ということでプレイしました。

ハヤブサを操って、二人三脚でゲームを進めてくというのが面白いです。

口笛を鳴らしてハヤブサを呼び寄せ、腕に止まらせたら気分は鷹匠。

ヨーシヨシヨシヨシヨシヨシ…とハヤブサをなでたくなること間違いナシ!

鳥類が好きな方なんかには特にオススメです!

『Falcon Age(ファルコンエイジ)』のストーリー

失われた鷹狩りの技術を使って、ロボットたちに支配された土地を取り戻す、ってストーリーです。

そのためにハヤブサを使って、獲物を取ったり。罠を解除したり。ロボットを倒したり。

協力しつつゲームを進めていきます。

主人公は、収容所に捕らえられている状態からゲームがはじまります。

そこでロボットたちに、強制労働させられています。

収容所の窓にハヤブサの巣があって、ハヤブサの親子が住みついていました。

ある日、ロボットが巣を排除しようとします。

それを防ごうと、攻撃した母ハヤブサがやられてしまう…

巣から落ちてきたのはハヤブサのヒナ。(これがカワイイ!)

このヒナを育て、協力しながら収容所を脱出することに。

そうして、ハヤブサと一緒に土地を取り戻す戦いへと。身を投じることになるのでした。

ハヤブサの育成や、装備アイテムの売買も!

野菜を育てたりもします。それを収穫。

調理して、ハヤブサに与えると能力が上がります。

「アソカ」という商人から装備アイテムや、装飾品も買うことができます。

ハヤブサとたわむれるためのアイテムが、めちゃくちゃいっぱいある!

ちょっと操作性に問題がある?

主人公は警棒のような、ムチのような武器を使うのですが…

これを振りまわしながら移動すると、なんか変な方向に移動してしまったり。

水路にハマって上がれなくなった、なんてこともありました。

ちょっと操作がしづらいので、イライラする部分もあるかもしれません。

それと、Oculus Quest2でのプレイだと、ゲーム途中での電池切れにも気を付けましょう。

セーブしたところからやり直しになってしまいます。

『Falcon Age(ファルコンエイジ)』Oculus Quest2などでできます!

『Falcon Age』ができる機器は以下の通りです。

  • Oculus Quest(2) 1990円
  • Oculus Rift(Rift S)
  • HTC Vive 2,050円
  • Valve Index
  • PSVR 19.99USドル

以上、鷹狩りVRゲーム『Falcon Age』をレビューしました!

鷹狩り体験やってみたい方にオススメです!

私事ですが…僕のおじいちゃんが、鷹(おそらくノスリ)を飼っていたことがあって。

鷹匠の真似事っぽいことをやっていたんですよね。

その血がこのゲームに向かわせたのかはわからないですが…

孫が鷹匠の真似事をしているとは、うちのおじいちゃんも予想だにしなかったでしょうね…

 

他、オススメVRゲームまとめはコチラ↓
>>>オススメVRゲームまとめ

最新情報をチェックしよう!
>