スノーボードVRゲーム【Carve Snowboarding】で雪山すべりレビュー!《攻略のコツも》

さい
VRでスノーボードができる!?

話題のVRゲーム【Carve Snowboarding】!

さっそくプレイして、雪山を滑ってきました。

どんなゲームか、攻略のポイントなどもあわせてレビューします!

さい
スノーボード経験者からの目線でもお伝えするよ!

スノーボードVRゲーム【Carve Snowboarding】で雪山すべりレビュー!《攻略のコツも》

どんなゲームかは、こちらの動画を見るのが早いです↑

雪山の急斜面をスノーボードで滑りつつ、

グラブや回転などのトリックもできるVRゲームです!

NINTENDO64の名作スノボゲーム「1080°」を受け継いでVRに持ってきたゲームとのこと。

ゲームの遊び方は2つあります。

  • いかに速く滑り下りるかを競う「タイムアタック」
  • トリックを決めて高得点を狙う「フリースタイル」

決められたタイムで滑ったり、スコアを出したりしないと、

次のコースへ行けないようになっています。

コースは全部で6種類。渓谷・森林・洞窟など。

ボードの操作方法

スノーボードVRゲーム【Carve Snowboarding】で雪山すべりレビュー!《攻略のコツも》1

ボードの操作方法は、チュートリアルをやってくとわかります。

両手を広げて左右に動かすと板の向きが変わる。これで曲がれる感じ。

両手を「えいっ」と上げると、ジャンプします。

ジャンプして板を握ったり、回ったりしてトリックを決めましょう!

左足が前だと「レギュラー」スタンス。右足が前の「グーフィー」スタンス。

スタンスは、滑る時に選べます。

ボードは大まかに3タイプあって、それぞれ7種類のデザインで

ビミョーに性能も変わってきます。

スノーボードVRゲーム【Carve Snowboarding】で雪山すべりレビュー!《攻略のコツも》2

コースに用意されたアイテムを拾って、新しいボードやグローブを入手していきましょう!

VRゲーム【Carve Snowboarding】攻略のコツ

VRゲーム【Carve Snowboarding】攻略のコツ1

決められた条件をクリアしないと次のコースへ進めないわけですが…

これがかなり難しい!!!!!!

2ステージ目の「森林」で、1分50秒で滑り下りなきゃいけないのがかなり難しかった!

クリアするポイントは、3つ。

  • ボードの選択
  • 滑るルートの見極め
  • ボードの操作

ひとつづつ説明します!

ボードの選択

VRゲーム【Carve Snowboarding】攻略のコツ2

毎回、滑る前に使うボードを選べるわけですが、

それぞれのボードのパラメータを見て、コースに合ったボードを選ぶのがポイント。

「森林」コースでは、やわらかい雪のルートを進むことが多いので、

「柔らかい雪」の星が多い板が良いです。

あと操作しやすい「ハンドリング」の星が多いかどうかも見ましょう。

使うボードの選択は、クリアのための重要なポイントになってきます。

滑るルートの見極め

青っぽいルートは雪が踏み固められているので、一番速く滑れそうに見えるけど…

そうでもないのがこのゲーム。

新雪のルートを突っ切って滑った方が早いルートだったりします。

ここは何度も滑って、どのルートを滑るのが早いのか試してくしかないですね。

「森林」コース攻略ルート

2つ目の「森林」コースの攻略ルートをお教えします!

VRゲーム【Carve Snowboarding】攻略のコツ3

板はピンクのやつが良いです。柔らかい雪向きで、ハンドリングもしやすい。

VRゲーム【Carve Snowboarding】攻略のコツ4

滑りはじめから新雪ルートへ進んで、なるべく直線的に滑っていきましょう。

VRゲーム【Carve Snowboarding】攻略のコツ5

岩の間を突っ切っていきます!

VRゲーム【Carve Snowboarding】攻略のコツ6

この急斜面は、木の間を通って左のコースへ。

VRゲーム【Carve Snowboarding】攻略のコツ7

開けたら、そのまま右へは進まず、真ん中コースの右寄りから飛びます。

VRゲーム【Carve Snowboarding】攻略のコツ8

で、この狭い岩の間を抜けて左へ。ここはスピード調整が難しいところ。

VRゲーム【Carve Snowboarding】攻略のコツ9

最後は右へは進まず、左のコースへ進み、ジャンプしてゴール!

さい
これで1分50秒以内に滑れたよ!

もっと早く下れるルートがあるかもしれませんが…参考にしてみてください!

あとはボード操作が攻略のキモ

最終的には、プレイヤーのボードさばきにかかっています。

スピードが出てくると、そのぶん急には曲がれなくなります。

ここらへんは慣性の法則がリアルで、よくできてるゲームだなぁーって感じ!

なので、微妙なスピード調整などもしないとうまく曲がれません。

何度も滑って、ボード操作に磨きをかけましょう!

フリースタイルのメダルが難しい

「岩の洞窟」コース、「雪の洞窟」コースは、タイムアタックは難しくないです。

が、フリースタイルで一定のポイントを出さないとメダルがもらえません。

「岩の洞窟」コースでは、普通に滑ってるタイミングでも飛んだり回ったりしてポイントを稼ぎました。

メダルゲットすると、次は「CROSS ROCKETを決めろ!」というミッションがあります。

これを決めないと、「雪の洞窟」コースへ進めません。

ジャンプ中に手を交差してボードをつかむ技です。つかむ位置は左側に表示されます。

なんとか技を決めて「雪の洞窟」へ進みました。

タイムアタックとフリースタイルをクリアしてくと、今度は「SQUIRRELを決めろ!」とミッションがあります。

CROSS ROCKETとか、SQUIRRELとか、わからないよっ!と思って調べましたが…

「メランコリーグラブとステールフィッシュグラブをノーズ寄りとテイル寄りのそれぞれに膝の外側で同時に行う」

…って、全然わからない。笑

調べてもわからないような技をミッションにしないでよ~って思いましたが、つかむ位置の表示を見てやるしかなさそうです。

いろいろと難しいっ!!笑

VRゲーム【Carve Snowboarding】まとめ《ボード経験者の感想》

VRゲーム【Carve Snowboarding】まとめ《ボード経験者の感想》

ゲームは楽しいけど、スノーボード経験者なら「ボードとは別物」と感じるかも。

VRゲームなので、両手のコントローラーで操作するわけですが…

実際のボードは、腰を落として、ヒザを柔らかく使って操るんですよね。

なので、ほんとにスノーボードをVRに持ってくるなら…

ヒザをトラッキングするようなコントローラじゃないと、

ボード経験者は納得しないんじゃないかと思います。

操作についてはそんな感じだけど、雪山を滑る感じは良かった!

開放感や爽快感もあって、VR雪山で危険なルートを滑るのも気持ち良いですね!

くるくる回ってトリックを決めているところを、誰かに見られたくはないけれど!

【Carve Snowboarding】の価格 Oculus Quest2で遊べる

【Carve Snowboarding】の価格は1990円。

Oculus Quest(2)で遊べますので、VR雪山で滑りたい方はぜひ!


以上、VRゲーム【Carve Snowboarding】で雪山すべりレビュー!《攻略のコツも》をお伝えしました!

他、オススメのVRゲームはコチラにまとめています↓
>>>オススメのVRゲーム一覧!!《レビュー・攻略ページまとめ》

最新情報をチェックしよう!