オススメなバーチャルマンガ【GANTZ(ガンツ)】考察・感想レビュー!

「スーツがオシャカになったっ!!!!」

2000年~2013年まで、【週刊ヤングジャンプ】にて連載された人気作!

わけもわからず巻き込まれる、謎のデスゲームが話題になったマンガ【GANTZガンツ)】をレビューします。

オススメなバーチャルマンガ【GANTZ(ガンツ)】考察・感想レビュー!

オススメなバーチャルマンガ【GANTZ(ガンツ)】考察・感想レビュー!

【GANTZ(ガンツ)】 奥浩哉 作

【GANTZ(ガンツ)】 作品のあらすじ(ネタバレなし)

ある日、地下鉄のホームにて。フツーの高校生、玄野計(くろの・けい)は、昔親友だった加藤勝を見かける。

そこへ、酔っぱらいが線路へ落っこちた。

正義感の強い加藤は、落ちた酔っぱらいを助けようする。が、一人ではうまくいかない。

そこへ玄野の姿をみつける。「計ちゃん!助けてくれ!」

つられた玄野は、助けるのを手伝う。酔っぱらいはホームへ引きあげられた。

が、玄野と加藤はホームへ戻れず、電車にひかれて死んでしまう。

すると。彼らは見知らぬマンションの一室にいた。

そこには他にも何人か人が集まっていて。部屋の真ん中には、謎の大きな黒い玉があった。

【GANTZ(ガンツ)】 作品のあらすじ(ネタバレなし)

突然、音楽が鳴り。黒い玉は、なんだかわからないが、「やっつける」よう指示を出す。

そして、そこにいた人々は、別の場所へと強制的に転送されていく。

転送先で、現れた謎の星人。星人は異常な強さで暴れ、何人も殺されてゆく。

かろうじて助かった玄野だったが、また何度もこの黒い玉がある部屋へ送られ。

謎の星人たちを「やっつける」デスゲームへと、強制参加させられるのだった。

【GANTZ(ガンツ)】感想(ネタバレあり)

わけもわからず、怒涛の展開をしてくところがサイコーに面白いマンガです。

一体何が起こっているのか、まったくわからないまま。

普通の日常生活をおくる中、定期的にバトルの時間がくるらしい。

どうやら、ボディースーツを着ると強くなって、武器はめちゃくちゃ強力らしい。

星人を倒すと、ポイントがもらえるらしい。

何なのかわからないまま、どんどん戦いのルールだけがあきらかになっていきます。

そこへパワーバランスおかしい星人が現れる。絶望。

なんかわからない吸血鬼みたいな一団も現れ。超能力も出てくるし。

次から次へと「何コレ?どーなってるの!?」の連続で、ストーリーにグイグイ引き込まれます。

間違いなく面白いマンガですが、あえてネガティヴな面をあげるなら。

物語のピークが、大阪編あたりまでだった、ということです。

【GANTZ(ガンツ)】感想(ネタバレあり)

これは、週刊漫画の連載システム(人気がなければ打ち切り)によって、よく見られる現象。

僕は『大風呂敷、広げられるだけ広げ手法』と呼んでいるんですが。

黒い玉【GANTZ(ガンツ)】の目的がわかってからは、少し印象が薄くなるというか。

いままで広げた話をなんとか回収してった、という感じでした。
(回収できなかった伏線もいくつかありましたが)

でも【GANTZ(ガンツ)】は最後までしっかりと終わらせたほうだと思います。

【GANTZ(ガンツ)】の面白いところ

・星人がカオスすぎて面白い

【GANTZ(ガンツ)】の面白いところ

ネギ星人、田中星人、観音像、恐竜、妖怪。

毎回、わけわからない姿で現れる星人たち。

異常なパワーバランスによって簡単に仲間がやられたりする。

どんな見た目でも、気が置けません。

見た目と、与える緊張感のギャップがステキ。

・武器、装備品

一気に強くなるボディースーツ。でも、一発くらっただけで「ドロッ」と液体が出てオシャカに。どういうシステムなのか謎です。

そして、「ギョーン!」という擬音が印象的な、Xガン。時間差があってから破裂するのも面白い。

ガンツソードは伸縮自在。和泉というキャラにはよく似合っていました。

そして、一輪車型のガンツバイク!見た目がサイコー。タンデムも可能。

【GANTZ(ガンツ)】の面白いところ2

・実在する場所

バトルのフィールドが、幕張メッセや大阪・道頓堀など、見たことある場所で戦うのもなんか変な感覚で面白い。

現地の資料集めて背景製作してるんでしょうね。

・なんかわからないラブコメ展開な、高校生活

あんだけナイスバディな女性キャラをばんばん出しといて、ヒロインがまさかの地味め女子っていう。

ちょくちょくそういった意外性が散りばめられている。

【GANTZ(ガンツ)】VR作品として見る

【GANTZ(ガンツ)】VR作品として見る

このマンガの原稿はCGで制作されてるそうで、作者本人も「3D漫画」と言ってるみたいです。

はっきり「VR」として出てくるものはないのですが。

あの転送されて送られる世界は、完全にVR内でしょう!

 

実際に見おぼえがある世界なのに、人がいない。

そこでのバトルゲーム。あの黒い玉は、完全にVR装置だ。間違いない。

ですが、GANTZのVR内で死ぬと、ほんとに死ぬんだ。気をつけろっ。

【GANTZ(ガンツ)】VR作品として見る2

で、後半になってGANTZの謎がわかるわけです。対宇宙人用の、『トレーニング装置』だったと。

ほら見ろ!やっぱりVRじゃないか!

別空間でトレーニングするためのシュミレータなんて、VR以外の何モノでもない。

人はいっぱい死んでいたが…。

【GANTZ(ガンツ)】でのVR

【GANTZ(ガンツ)】でのVR

VRの運用者 地球防衛軍みたいな。地球を宇宙人から守ろうとするカシコな方々
VRの目的 対・宇宙人のための、戦闘トレーニング
VR世界のタイプ リアルと同じ世界のどこかだが、一般人は排除されている。
VRデバイス 黒い玉(指示・転送)、武器、装備品

印象に残った言葉

「たぶん俺の考えでは本体…オリジナルは本当に死んでる…ここにいる人間は…ファックスから出て来た書類なんだよ」


以上、バーチャルマンガ【GANTZ(ガンツ)】のレビューでした!

怒涛の展開はハマッたら読むのをやめられない面白さです!

他、今までレビューしたVR関連本はコチラにまとめています↓
>>>未来がわかる!【バーチャルな本】感想・レビュー《まとめページ》

最新情報をチェックしよう!